プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キューアンドエー株式会社

FAQナレッジを最大限に活用する『Q&A自動化ソリューション』を開始

2018年5月30日(水)

キューアンドエー株式会社

FAQナレッジを最大限に活用する『Q&A自動化ソリューション』を開始
~「AIチャットBot構築」と「FAQサイト整備」でカスタマーサポートをスマート化~

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:川田哲男、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、企業のカスタマーサポートをスマート化する『Q&A自動化ソリューション』を5月30日(水)より開始いたしました。

 近年、多くの企業が、カスタマーサポートをおこなうコンタクトセンターにAI(人工知能)を搭載したチャット自動応答システム(以下、AIチャットBot)を導入し、顧客からの問い合わせ対応の自動化を実施しています。顧客対応の工数削減という目的に加え“電話離れ”が進む若年層世代に対し、電話よりも手軽にコンタクトできるサポート窓口を設けることにより、顧客との接点機会の拡大を狙う企業も出ています。
 しかし“AIの活用”そのものが目的化しており、投資対効果の検証が十分におこなわれないまま導入された結果、“AIチャットBotは期待はずれ”という評価を受けているケースも散見されています。

 そこで、キューアンドエーは、AIを始めとする最新テクノロジーを活用したカスタマーサポートのスマート化を目的として、法人向けに『Q&A自動化ソリューション』を提供いたします。『Q&A自動化ソリューション』では、導入企業の期待と効果の齟齬を防ぐため、初めに導入コンサルティングをおこないます。導入コンサルティングでは、AIチャットBotの導入により顧客対応の自動化が可能な範囲を診断し、投資対効果のシミュレーションを実施します。コンサルティングの結果をふまえ、自動化に向けたAIチャットBotの構築やFAQサイトの整備をおこないます。さらに、RPA(Robotic Process Automation)連携やSIなどのシステムソリューションをオプションサービスとして提供することで、顧客対応自動化の範囲拡大を狙います。

 本ソリューションは、日本プロジェクトソリューションズ株式会社(代表取締役社長:伊藤大輔、本社:東京都渋谷区)との協業により提供いたします。CRMのコンサルティング、プロジェクトマネジメントで豊富な実績を持つ同社のノウハウを導入コンサルティングやRPA連携などのシステムソリューションに反映し、付加価値の高いサービスを提供してまいります。

 キューアンドエーは、AIの活用やオムニチャネル対応によるコンタクトセンターの新たなソリューションを構築・提供し、導入企業のコンタクトセンター業務のプロセス最適化と顧客体験の向上に貢献してまいります。

■『Q&A自動化ソリューション』構成図 *添付画像をご確認ください。

<レギュラーサービス>
 ●導入コンサルティング
  ・顧客からの問い合わせ内容の分析
  ・AIチャットBotやFAQサイトにより自動化が可能な範囲の診断
  ・投資対効果のシミュレーション
 ●FAQナレッジ整備・構築
  ・顧客からの問い合わせ対応の自動化に必要なFAQナレッジの作成
 ●AIチャットBotソリューション
  ・問い合わせの内容や予算に合ったAIチャットBotの選定、システムの構築・設定
 ●FAQサイトソリューション
  ・FAQサイトの構築・再整備やFAQサイトへのWeb導線整備、SEO

<オプションサービス>
 ●AIチャットBot運用
  ・AIチャットBotの回答率向上に向けた、FAQの追加・メンテナンス・システムチューニング
 ●有人エスカレーション対応
  ・AIチャットBotが回答できない問い合わせに対する、有人でのチャット対応・コールセンターでの二次対応の運用
 ●分析・レポート
  ・AIチャットBotの導入効果やユーザー満足度の分析、顧客からの問い合わせ内容の分析・レポート
 ●RPA連携
  ・AIチャットBot導入後、顧客対応自動化の範囲拡大に向け、RPA連携やSIなどのシステムソリューションを提供

■オーダー見込み数   :10社(2019年3月期)
■売上見込み      :30,000,000円(2019年3月期)
■URL         :https://www.qac.jp/qa_auto_solution.html

<キューアンドエー株式会社> https://www.qac.jp/
ICTデジタル製品(パソコン、プリンター、情報家電、通信機器など)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利用・活用に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務とする。自社サービスとして「機器補償サービス」も展開。キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは「コンタクトセンターサービス」「オンサイト(訪問)サポートサービス」で構成されており、ICTに関するトータルサポートサービスを提供している。

<日本プロジェクトソリューションズ株式会社> https://www.japan-project-solutions.com/
企業内のプロジェクトマネジメント研修・プロジェクトマネジメント実行支援・PMO支援・コンサルティング、またプロジェクトマネジメント関連資格取得支援(PMP®試験・資格取得支援・PDU取得等)を提供しており、コンタクトセンター・CRMコンサルティング・AI・RPA等においても豊富な実績を持つ、2013年に設立されたプロジェクトマネジメントの専門会社。

【本サービスに関するお問い合わせ先】
キューアンドエー株式会社 AI事業戦略本部
お問い合わせフォーム:https://www.qac.jp/contact/

Q&A自動化ソリューション構成図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ