プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

プロ野球速報のPV数からみる注目球団ランキングを発表_goo+dランキング

2018年5月28日

NTTレゾナント株式会社

プロ野球速報のPV数からみる注目球団ランキングを発表
~プロ野球交流戦で最も注目される試合は広島VS西武戦と予想~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、「goo」のアクセスログとNTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味関心を分析しています。
 今回は「gooニュース」で提供しているプロ野球速報の各試合のページビュー数(以下、PV)を比較し、5月29日より開催する「日本生命セ・パ交流戦」に合わせて、シーズン開始から交流戦までの間に注目された球団をランキング形式で発表します。また、その傾向から、セ・パ交流戦の最注目カードを予想しました。

1.球団別PVランキングについて(調査期間:2018年3月30日~5月22日)
セントラル・リーグ ()内は5月22日時点での球団勝敗順位
1位 広島東洋カープ(1)
2位 読売ジャイアンツ(2)
3位 横浜DeNAベイスターズ(3)
4位 中日ドラゴンズ(4)
5位 阪神タイガース(5)
6位 東京ヤクルトスワローズ(6)
※球団別PV割合(goo+dランキング編集部調べ)は5月22日時点でのデータ

 セ・リーグの球団別PVランキングの首位は広島東洋カープとなりました。現在リーグ2連覇中で、2018年も首位を独走中です。セ・リーグは、5/22時点での順位とPVランキングが一致しています。このことから勝ちそうな場面で、インターネットで試合の状況を確認するファンが多いのではないかと考えられました。

パシフィック・リーグ ()内は5月22日時点での球団勝敗順位
1位 埼玉西武ライオンズ(1)
2位 東北楽天ゴールデンイーグルス(6)
3位 北海道日本ハムファイターズ(2)
4位 福岡ソフトバンクホークス(3)
5位 千葉ロッテマリーンズ(5)
6位 オリックス・バファローズ(4)
※球団別PV割合(goo+dランキング編集部調べ)は5月22日時点でのデータ

 パ・リーグの首位は開幕から驚異的な連勝を続けた埼玉西武ライオンズとなりました。試合成績の勢いそのままに、「gooニュース」でもPVが伸びました。パ・リーグのPVランキングでは東北楽天ゴールデンイーグルスが特徴的です。セ・リーグでは試合成績とPVランキングが一致していましたが、パ・リーグでは東北楽天ゴールデンイーグルスが試合成績では6位にもかかわらず、PVランキングでは2位となっています。

2.セ・パ交流戦の注目カード予想
 goo+dランキング編集部は、プロ野球交流戦では、セ・リーグPVランキング1位の広島東洋カープと、パ・リーグPVランキング1位の埼玉西武ライオンズが対戦する5月29日(火)~5月31日(木)の試合が最も注目されると予想しています。試合がシーソーゲームとなればPVが大きく伸びる傾向があるので、このカードでも接戦の試合になるとより注目度が増すと考えています。

3.「dメニュー」の検索データにおける分析について
 goo+dランキング編集部では、セ・パ交流戦を「dメニュー」の検索データを用いて分析し、コラムとして公開しています。2017シーズンにおいて、「交流戦期間中の球団名検索数はセ・パどちらが多く検索されたか」や「交流戦の成績上位選手、検索ログの特徴」などを検索データから振り返っています。
URL: https://ranking.goo.ne.jp/good/5158/

4.「goo」におけるスポーツの取り組みについて
 「goo+dランキング」の調査では、球団名に関する検索で、一緒に検索されるキーワードの中でも多く検索されているものが「速報」や「結果」だということがわかっています。「goo+dランキング」編集部では、試合の映像が見られない中で、試合の状況や結果を知りたいユーザーが多いのではないかと考えています。これらのユーザーのニーズに応えるために、「gooニュース」ではリアルタイムでの速報に取り組んでおり、一球レベルで情報を届ける「プロ野球一球速報」を2018年の交流戦でもお送りします。
URL: http://live.sports.goo.ne.jp/baseball/npb/

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

セ・リーグ球団別PV割合_5月22日時点(goo+dランキング編集部調べ)
パ・リーグ球団別PV割合_5月22日時点(goo+dランキング編集部調べ)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ