プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

Wi‐Fiを活用した「地方創生」ビジネスモデルの実証実験を開始

2018年5月24日

株式会社NTTドコモ

Wi‐Fiを活用した「地方創生」ビジネスモデルの実証実験を開始
~東京渋谷と地方都市を結び、都市活性化と地方創生の実現をめざす~

 一般社団法人渋谷未来デザイン※1と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、渋谷区内のフリーWi‐Fiスポットを活用し、都市活性化と地方創生の実現および新たな事業収益を得るビジネスモデルの商用化をめざした実証実験(以下、本実験)を2018年5月25日(金)から開始します。

 本実験では、地方都市である鹿児島市に関連するイベント「鹿児島焼酎&ミュージックフェスin代々木公園」※2が開催される代々木公園の一部をフリーWi‐Fiスポット化します。さらに、Wi‐Fiを活用した広告ビジネスモデル「アドWi‐FiTM」※3の仕組みを活用し、Wi‐Fi接続時に表示されるWebページ上で、鹿児島市の特産品や観光をPRするコンテンツを掲載することで、代々木公園を訪れた人に利用してもらう仕組みを提供します。

 また、本実験では、渋谷区内の公共施設や観光案内所、民間施設の各所もフリーWi‐Fiスポット化し、渋谷の街を訪れた人に渋谷の街に関連する情報を紹介します。

 ドコモは、本実験により得られた結果を元に、渋谷や地方都市と連携したコンテンツや、関連する広告の掲載による収益化を検討し、2018年度中の商用化をめざします。また、商用化に合わせ、渋谷区内のフリーWi‐Fiスポットを拡充し、インバウンド需要への対応や渋谷の街に訪れた人の利便性向上を図ってまいります。

※1 ダイバーシティとインクルージョンを基本に、渋谷に住む人、働く人、学ぶ人、訪れる人など、渋谷に集う多様な人々のアイデアや才能を、領域を越えて収集し、オープンイノベーションにより社会的課題の解決策と可能性をデザインする本格的な産官学民連携組織(http:// www.fds.or.jp)
※2 開催時期:2018年6月16日(土)~17日(日)、主催:鹿児島焼酎&ミュージックフェス実行委員会
※3 Wi‐Fi接続時に連動表示するWebページ上に、動画のバナー広告やゲームのデジタルコンテンツなどを掲載し、ドコモが同ページを経由して得られた広告収入をWi‐Fi提供料金の一部に充当することで、Wi‐Fi利用企業に安価にWi‐Fiを提供する新しいビジネスモデル
*「アドWi‐Fi」はドコモの商標です。

【実施概要】

1.商用化後のビジネスモデルイメージ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805234230-O1-efK5TuDV

2.実証実験概要
・実施期間 
 2018年5月25日(金)から2018年6月30日(土)まで

・実施場所
 代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町2−1)
 渋谷区役所仮庁舎住民戸籍課待合スペース(東京都渋谷区渋谷1丁目18−21)
 渋谷ヒカリエ区民サービスセンター(東京都渋谷区渋谷2丁目21−1)
 渋谷ハチ公前青ガエル観光案内所(東京都渋谷区道玄坂2丁目1−1)
 MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所(東京都渋谷区神宮前3丁目23−5)
 ライブハウスShibuya O‐EAST(東京都渋谷区道玄坂2丁目14−8)  など
 

<協力>
渋谷区
一般財団法人渋谷区観光協会
株式会社シブヤテレビジョン

渋谷実施概要イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ