プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロンヘルスケア株式会社

ブラジルにラテンアメリカ市場向け健康医療機器の生産工場を新設

2018年5月24日

オムロン ヘルスケア株式会社

ブラジルにラテンアメリカ市場向け
健康医療機器の生産工場を新設

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、オムロン ヘルスケア)は、ブラジル連邦共和国サンパウロ州ジュンディアイ市(Jundiai市)に、ラテンアメリカ市場向けの、血圧計およびネブライザの生産工場を新設します。新工場では、ブラジル国内向け血圧計とネブライザに加えて、今後は他のラテンアメリカ諸国向け商品も生産し、拡大する同市場へのタイムリーな商品供給の体制を構築します。

ブラジルを中心としたラテンアメリカ地域では、経済成長に伴う生活水準の向上や食生活の欧米化といった生活習慣の変化に伴い、高血圧など生活習慣病患者の増加が社会的課題となっています。また、大気汚染による喘息、喫煙によるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器系疾患の患者も増加しています。

このような状況を鑑み、オムロン ヘルスケアでは、2014年にブラジルのネブライザ市場でNo.1シェアを獲得しているNS Indústria de Aparelhos Médicos Ltda.を買収し、ネブライザ事業を強化しました。また2017年には、工場内に血圧計生産ラインを新設し、ブラジル国内向けの手首式血圧計の生産を開始しました。

今回の新工場新設により、ブラジルでの生産能力を2017年の約120万台から2022年には540万台へと増強させ、ブラジルおよびラテンアメリカ市場の拡大に対応し、同市場における事業のさらなる拡大を目指します。

【新工場の概要】
竣工予定    2019年9月
所在地     Rodovia Dom Gabriel Paulino Bueno Couto-SP300-KM 67,7
        (Jundiai市)
敷地面積    21,274㎡
工場平面積   10,857㎡
総投資額    60,000,000ブラジルレアル

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ