プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都外国語大学

ブラジル移住110周年を記念して 海外事情研究会・OB会がセミナー開催

2018年5月24日

京都外国語大学・京都外国語短期大学

ブラジル移住110周年を記念して
海外事情研究会・OB会がセミナー開催

 1908年4月28日に神戸を出港した笠戸丸で、781人の日本人が初めて公式にブラジルへ移民をしてから110年の節目の年となる2018年。京都外国語大学では5月26日(土)、「日本人ブラジル移住110周年記念セミナー」を9号館941教室で開催します。主催は本学公認団体の海外事情研究会・OB会で、現役学生2名を含む4名が講演・ディスカッションを行います。

 海外事情研究会は、1960年に当時第二外国語でスペイン語を学ぶ学生らが設立。南米事情研究と海外雄飛を目的とした全国の大学組織「日本学生海外移住連盟」に加盟していました。現在では36名が所属し、研究活動に加え、世界の料理店巡りや留学生交流会を実施しています。諸事ご多忙とは存じますが、何卒取材頂けますようお願いします。
                           
                         記

「日本人ブラジル移住110周年記念セミナー」

【日 時】 平成30年5月26日(土)午後1時~午後3時 ※午後0時30分 受付開始
【場 所】 京都外国語大学9号館941会議室
【主 催】 京都外国語大学海外事情研究会・OB会
【後 援】 京都ラテンアメリカ文化協会、京都外国語大学国際教養学科、
      京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科、日本学生海外移住連盟OB会西日本支部、
              一般財団法人日伯協会、日本ラチーノ学院
【内 容】
    第一部(セミナー) 午後1時~午後2時20分
    挨拶:
     ○海外事情研究会OB会会長 池田 光志(昭和43年度英米語学科卒)
     ○京都外国語大学学長 松田武
     ○一般財団法人日伯協会副理事長 多田義冶氏
    講演:
     ○足代修一氏(昭和41年度イスパニア語(現スペイン語)学科卒)
     ○澤田勝義氏(昭和46年度ブラジルポルトガル語学科卒)
     ○谷島健介(海外事情研究会会長・スペイン語学科3年次生)―ブラジル移民小史―
     ○大西香穂(ブラジルポルトガル語学科3年次生)―アルモニア学園での研修を終えて―
    第二部(ディスカッション・質疑応答) 午後2時30分~3時
    講評:京都外国語大学 外国語学部国際教養学科 准教授 國安俊彦(海外事情研究会顧問)
 
                                         以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ