プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校

IoTシステムの発展や活用で特に優れた事例として評価

2018年5月24日

学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校

袖 准教授のBusStopプロジェクト
「賢いバス停システム」が
「WSN-IoT AWARD 2018」にて奨励賞を受賞

国際高等専門学校(石川県金沢市久安2-270)袖 美樹子准教授が研究指導を担当する「BusStopプロジェクト」により開発された「賢いバス停システム」が、IoTのインターネットシステムの優れた活用事例として評価され、YRP研究開発推進協会(YRP協会) の「WSN-IoT AWARD 2018」奨励賞を受賞しました。

「賢いバス停システム」は、バスの時刻表や乗換案内を音声や画面で伝えるばかりでなく、子供の見守りも行います。2017年4月より開発が始まり、「バス停」に設置されたカメラでバス停前を通る人の顔や服装の特徴を抽出すると、その場で数値にリアルタイムに変換します。変換された数値は暗号化されたうえで独自の通信ネットワークでサーバーに送信されます。画像は蓄積されず、バス停ごとに異なった方式で数値化されるため、個人情報保護の観点からも安心です。すでに実証実験が何度か行われ、有効性が検証されています。

さらにその機能の一つの「バスどこシステム」は、野々市市のコミュニティバス「のっティ」の車両にGPS機器を設置し、LoRa、3G回線でサーバーに送られた位置情報をWebアプリケーションに表示するもので、スマートフォンやタブレット、PC等の端末で現在位置がリアルタイムで確認できます。LoRaは、IoT向けの通信ネットワークに用いられている無線通信方式の一つで、「バスどこシステム」では国際高専独自のLoRa技術(特許出願済)でバス停間の通信を行っています。5月1日からは野々市市の協力を得て、実証実験も行われています。

表彰式は、5月23日から東京ビッグサイトで開催される無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベント「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)」で行われました。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ