プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」を大阪市内に開設

2018年5月23日

株式会社NTTドコモ

西日本初の常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」を大阪市内に開設

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2020年の商用サービスの開始をめざしている第5世代移動通信方式(以下、5G)において、幅広いパートナーと共に新たな利用シーン創出に向けた取り組みを拡大するため、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画いただいている企業・団体(1,365団体※2)が、5Gの実験基地局装置などを無償で利用できる、常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ™ OSAKA」を、2018年9月より、大阪府大阪市内(梅田DTタワー)に開設予定です。
ドコモ5Gオープンラボが開設されるのは、全国で2か所目、西日本では初めてです※1。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224192-O8-mkGy2B9P

「ドコモ5GオープンラボOSAKA」は、およそ120㎡の空間に「5G基地局装置」をはじめ、「4K映像機器」や「VRカメラ」などを設置した、5G技術検証環境です。ドコモ5Gオープンパートナープログラムのパートナー企業・団体は、本環境を活用することで、2020年に先立ち、5Gを用いたサービス構築や検証が可能となります。これにより、「高速・大容量」、「低遅延」、「多数端末接続」といった5Gの特長を活かした、自社サービスの品質向上や、新たなサービス創出に活用いただけます。自社の機材を持ち込んだ実験も可能です。
ドコモは、本環境を活用して、大阪府・大阪市・大阪商工会議所の進める「実証事業都市・大阪」と連携し、大阪府の産業振興に貢献します。また、大阪大学運動器バイオマテリアル寄附講座※3の菅本一臣教授とTEAMLAB BODY株式会社と連携し、5Gを活用した遠隔授業の実証実験も行う予定です。
今後ドコモは、本環境を西日本の企業・団体にも活用いただくことで、さまざまな業界のパートナーとの連携を強化し、5Gの新たなサービス創出に向けた取り組みを加速させます。

※1 東日本では、「ドコモ5GオープンラボYotsuya」を、2018年4月に東京都新宿区に開設済み。なお、西日本とは、富山県、岐阜県、愛知県、静岡県以西をさします。
※2 2018年5月22日現在。
※3 「運動器バイオマテリアル寄附講座」とは、整形外科領域で用いられる材料(運動器バイオマテリアル)を通じた人工関節、人工骨、再生軟骨に関する寄附講座をいいます。
* 「ドコモ5Gオープンラボ」は、株式会社NTTドコモの商標です。

「ドコモ5Gオープンラボ OSAKA」の概要

1.開設時期
2018年9月(予定)

2.開設場所
梅田DTタワー内 (大阪府大阪市北区梅田一丁目10番1号)  ※およそ120㎡

3.設置する機器および実験内容
(1)5G基地局と5G移動局による5G伝送
数ギガのスループットが出る基地局装置をご用意します。5Gの伝送能力を数値でご確認いただけます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224192-O5-E6hOxO39
(2)高精細映像/VRのデモによる体感
4K映像伝送環境と高精細VR環境をご用意します。5Gの伝送能力を視覚的にご確認いただけます。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224192-O6-VIBh0D23
(3)持ち込み機器の接続
パートナー企業・団体がお持ちのシステムやコンテンツを持ち込み、5Gの実証実験をしていただくことも可能です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224192-O7-h3m1wzBU

「5G×VR」を活用した実証実験の概要

1.概要
 大阪大学運動器バイオマテリアル寄附講座の菅本一臣教授と、TEAMLAB BODY株式会社およびドコモが連携し、菅本教授による専門性の高い講座(生きた人間の動きに基づく解剖学や運動学など)を、5Gを通じてリアルタイムに遠隔地の学校へ配信する、遠隔授業の実証実験を行う予定です。
 この授業では、TEAMLAB BODY株式会社が開発した人体解剖のVRアプリを用いて、VRゴーグルを着用した講師が3D人体モデルを操作する様子を、遠隔地にいる生徒がVRゴーグルやタブレット等で視聴することができます。
 本実証実験を通じ、5Gを活用したVRの同時接続数や通信遅延の課題検証を行い、解剖学や運動学などの専門性の高い講義を、どこにいても受けられる環境の実現をめざします。

2.実証実験イメージ
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224192-O9-4jZ5d2Dg
※アプリの名称や機能、仕様、イメージは開発中のため、サービス提供時には変更となる可能性があります。

3.実証実験パートナー
大阪大学運動器バイオマテリアル寄附講座 菅本一臣教授
TEAMLAB BODY株式会社

(1)5G基地局と5G移動局による5G伝送
(2)高精細映像/VRのデモによる体感
(3)持ち込み機器の接続
ドコモ5Gオープンラボ OSAKAイメージ図
実証実験イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ