プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DICカラーデザイン株式会社

世界唯一のアジアを起点としたデザイントレンドブック 『アジアカラートレンドブック 2019-20』発刊

2018年5月22日

DIC株式会社
DICカラーデザイン株式会社

世界唯一のアジアを起点としたデザイントレンドブック
『アジアカラートレンドブック 2019-20』発刊

 DIC カラーデザイン株式会社は、第9巻目となるアジアを起点とした世界唯一のデザイントレンドブック『アジアカラートレンドブック2019-20』の発刊を記念して記者発表会を開催。周昕編集長が、本書の紹介とともに、アジアのトレンドカラーと最先端のデザインの現場を解説しました。

 出席された記者やクリエイターの方々からは、「色や形を目で見るだけでなく、1冊1冊に手作業で貼り付けられた多種多様な素材サンプルを実際に手で触ることで、アジアの今を感じることができた」「最先端のクリエイティブのインスピレーションが沸いてきた」等の感想を多くいただきました。
世界で唯一のアジアにフォーカスしたトレンドブックを国内外で幅広くご活用いただきたく、詳細をまとめましたので、ご活用賜りたくお願い申し上げます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O1-1lIVsIjd

◆『アジアカラートレンドブック』編集長: 周 昕(シュウ シン)
            
 中国上海市出身。米国、中国、日本を拠点に、グローバルブランドのデザイン提案の実績を持つ。2001年より中国・アジア市場向けCMFディレクションを数多く手がけ、上海金澤工藝館アートディレクターも務める。カラー&素材の研究を基にした色彩関連書籍の編著書、連載、講演など多数。ミラノサローネを継続的に視察し、グローバルトレンドの潮流を捉えつつ、中国と日本を中心にしたアジア各国のブランドやクリエイターを数多く取材し、アジア独自のクリエイティビティを取り上げ世界に発信している。

◆『アジアカラートレンドブック』  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O3-FyWbr3ix

 『アジアカラートレンドブック』は、世界唯一のアジアにフォーカスしたトレンドブックとして、新時代のアジアの驚きで新鮮な世界観と美学を捉え、色と素材に特化したインスピレーションブックとして世界に発信している。その独自性とクオリティが評価され、世界のトレンドブックの中でも異彩を放つ。

 世界経済の中心がアジア市場に移る中、アジア人の価値観やアイデンティティ、アジアと世界の関係に未曾有の構造的変化が起きている。精緻なアート性が高まる日本、圧倒的な進化を遂げた中国、大きな潮流がうごめくインド、エネルギッシュな気運が溢れるインドネシアに注目が集まる一方、先進的なシンガポール、クリエイティブなタイ、誇り高きベトナム、ユニークなフィリピンからの発信も見逃せない。

 2008年に発刊した『アジアカラートレンドブック』は、グローバル・トレンドに連動しながら、アジア各国での独自取材によるアーティストやブランドの紹介、豊富な画像、オリジナル色見本と素材サンプル、日中英三ヶ国語による解説からなる。アジアに関するデザインの指南書として、アジア向けブランド戦略に携わる自動車、家電、インテリア、アパレル、化粧品、日用品など幅広い分野のマーケッターやクリエイターをはじめ、大学、美術館、図書館にも幅広くご活用頂いている。

◆『アジアカラートレンドブック』三つの特徴
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O5-wLJDf4wl
                       
①世界唯一のアジアを起点としたデザイントレンドブック
本書は2008年に創刊し、今年で第 9 巻目となる。アジア特有の美意識やクリエイションにフォーカスし、アジアにおけるブランド開発とデザイン戦略に活用されている。アジアと世界をつなぐ、クリエイターのプラットフォームであり続けたいと願っている。

②トレンドの潮流を読み解くインスピレーション・ソース
アジア各国における定点観測と独自の取材を通じて、アジア特有の文化背景と価値、最先端のアート&デザイン動向を紹介し、次なるトレンドを予見させる豊富なトピックス&ムーブメントを呈示。

③グローバルトレンドと連動したアジアを発信する色と素材
アート・デザイン・テクノロジーの融合を背景に、グローバルトレンドの水平的波及構造と、地域や伝統を掘り下げたクロス・クリエイション。アジア独特な感性をみせる豊富な色と素材
サンプルをセレクト。

◆『アジアカラートレンドブック2019-20』(新刊)について
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O4-ZcoRqTdn 】【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O6-GNT1412a

 2008年に発刊し、今年で第9巻目となる『アジアカラートレンドブック2019-20』は、アジアのメガトレンドを読み解く8つのキーワード、27の新鋭アーティストやブランドを紹介し、6つのテーマで次なるトレンドを提案する。
 
 450点の画像と61点の素材サンプル、48色のカラーパレット、日中英三ヶ国語表記の解説は、あらゆる分野のデザインインスピレーションを導く。職人技とコラボしたオリジナル素材も提案する。

・2018年3月発売/DICカラーデザイン㈱発行
・定価 30万円(税別)
・B4判変形サイズ/116 ページ/日中英の三ヶ国語表記

『アジアカラートレンドブック』 プロダクトサイト 
http://www.asia-color-trend.com/

DICカラーデザイン㈱ ホームページ
http://www.dic-color.com/

◆DIC(ディーアイシー) グループ                           DICは、1908年に創業し、世界60以上の国と地域で170を超えるグループ会社を通して事業を行う、グローバルケミカルカンパニーです。DICグループは、印刷インキ、およびその原料である有機顔料、さらにエンジニアリングプラスチックであるPPSコンパウンドでグローバルトップシェアを有します。また、ポリマ、液晶などファインケミカル分野でも幅広く特徴のある製品を供給しています。

 DICグループの特徴的な商品として1968年から制作、発行している印刷インキの色見本帳「DICカラーガイド」がある。DICカラーガイドシリーズは印刷業界にとどまらずだけでなく、様々な業界のにおいてデザインの現場で広く活用されています。また、運営するDIC川村記念美術館(千葉県佐倉市)は、珠玉のアメリカ近代美術作品を多数有し、文化貢献にも寄与しています。
   DICグループはサステナビリティ活動を推進するとともにColor&Comfortをブランドスローガンに掲げ、化学で暮らしに彩りと快適をもたらす会社を目指しているし続けています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805224160-O11-QPHxt161
                               

[1]周昕編集長プロフィールフォト
[2]周昕編集長プロフィールフォト
[3]AsiaColorTrendBook_2009-2020
[4]AsiaColorTrendBook_2019-20
[5]AsiaColorTrendBook2019-20
[6]AsiaColorTrendBook2019-20
[7]AsiaColorTrendBook2019-20
[8]AsiaColorTrendBook2019-20
[9]AsiaColorTrendBook2019-20
[10]AsiaColorTrendBook2019-20
[11]記者発表会会場_DIC_Color&Comfort_Lounge(DIC本社2階)
[12]周昕編集長セミナー
[13]対談ゲスト_㈱京源 代表紋章上繪師 波戸場 承龍様・波戸場 耀次様
[14]周昕編集長フォトセッションにて
[15]周昕編集長フォトセッションにて
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ