プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校

学生が多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出 活動報告会を開催

2018年5月22日

学校法人 金沢工業大学

金沢工業大学・国際高等専門学校
「ラーニングエクスプレス」活動報告会を開催

金沢工業大学と国際高等専門学校では、アジアの学生達と多国籍チームを組み、アジアの村でイノベーション創出に取り組むグローバル人材育成プログラム、「ラーニングエクスプレス」の活動報告会を、5月29日(火)17時20分から18時20分まで、扇が丘キャンパス23号館1階パフォーミングスタジオにて行います。

2018年3月4日からおよそ2週間、タイ・チェンマイで実施された「ラーニングエクスプレス」では、金沢工業大学の学生4名と現国際高専5年生4名、提携校であるシンガポール理工学院の学生27名、現地タイのラジャマンガラ工科大学ランナー校の学生27名のあわせて62名の学生がタイ・チェンマイの3つの村にわかれて滞在しました。それぞれの村で住民たちと一緒に生活し、住民たちへのインタビューや観察を通して問題点を見出し、解決策の設計と試作品の製作・提案を行いました。
報告会では、金沢工業大学・国際高専8名の学生たちが合同でプロジェクト活動の発表を行い、また現地での学生同士の交流や生活についても報告が行われます。

ラーニングエクスプレス活動報告会
●日時 : 5月29日(火) 17時20分から18時20分まで
●場所 : 扇が丘キャンパス23号館1階 

1)当報告会では以下の報告が行われます。
●タイの村で取り組んだ3つのプロジェクトについて
1、山岳地帯での農作業の軽減化 2、お茶の葉の栽培・販売の改善 
3、木葉を乾燥させて制作する籠や屋根などの保管方法

【ラーニングエクスプレスとは】
「ラーニングエクスプレス」は技術者教育の世界標準である「CDIO」(Conceive、Design、Implement、Operate)加盟校であるシンガポール理工学院、金沢工業大学、国際高専の3校が協働して行う国際的なソーシャルイノベーションプロジェクトです。ユーザーが何を必要としているのか考え解決策を創出する「デザインシンキング」の手法も取り入れ、地域発展、環境問題、持続可能な社会の観点から、村人の立場になって必要とされるものを考え、生み出した解決策はプロトタイプ(試作品)として具体化し、村人に提案して製品化を行い、導入を目指しています。
金沢工業大学は、この「ラーニングエクスプレス」など「誰一人取り残さない」世界の実現に向けた取り組みが評価され、SDGs達成に向けて優れた取り組みを行う団体を表彰する第1回「ジャパンSDGsアワード、
SDGs推進副本部長(内閣官房長官)」賞を受賞しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ