プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

月桂冠株式会社

月桂冠「特撰」、IWC2018「SAKE部門」で「ゴールドメダル」と「グレートバリュー・サケ」のW受賞

2018年5月21日

月桂冠株式会社

月桂冠「特撰」、IWC2018「SAKE部門」で
「ゴールドメダル」と「グレートバリュー・サケ」のW受賞
「つき原酒」も「ゴールドメダル」を受賞

国際的な酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2018」のSAKE部門で、月桂冠から出品した「特撰」が本醸造カテゴリーで「ゴールドメダル」を受賞、同時に高品質でコストパフォーマンスに優れている酒を選ぶ「グレートバリュー・サケ」に認定されました(「京都・本醸造トロフィー」も受賞)。また「つき原酒」が普通酒カテゴリーで「ゴールドメダル」を受賞しました。その授賞式が5月18日、山形県山形市のホテルメトロポリタン山形で行われ、月桂冠の専務取締役で製造本部長の市川英治が式に臨みました。

■「特撰」(1.8Lびん):「ゴールドメダル」(本醸造酒カテゴリー)、「グレートバリュー・サケ」
醸造に適した上質の原料米をていねいに磨いて、低温でじっくり醸し、適度の熟成で香味を整えた本醸造酒です。優雅な香りと、上品でふくらみのある風味は、料理の食味を邪魔せず調和をもたらすという特性を備えていることから、現在に至るまで、月桂冠の地元・京都の料亭などでも多く採用されています。【1.8Lびん=2,181円、300mLびん=420円、いずれもアルコール分16度以上17度未満、価格は参考小売価格・消費税別】

■「つき原酒」(1.8Lパック):「ゴールドメダル」(普通酒カテゴリー)
ソフトタイプで人気の高い「つき」の原酒を詰口した商品です。月桂冠の中でも、醸造の責任者や担当者など限られた者のみがテイスティングをしていたお酒で、原酒ならではの濃厚な味わいは従来から高く評価されていました。「つき原酒」は、「つき」発売20周年を記念して、2018年1月、「20周年限定酒」として数量限定で発売したものです。【<数量限定>1.8Lパック=1,463円、アルコール分20度以上21度未満、価格は参考小売価格・消費税別】

■月桂冠、「QUALITY」を貫く酒造り
月桂冠では、普通酒から純米大吟醸まで、どのジャンルにおいても最高品質の酒を目指して製造に取り組んでいます。月桂冠の基本理念には、「QUALITY(品質第一)」という項目を掲げています。それは、高級な酒を造るということに留まるものではなく、「常に消費者の満足を獲得できる」ことであり、「競争力のある価格で提供する」ことを旨としています。そのことが評価され、今回「特撰」「つき原酒」の「ゴールドメダル」受賞、同時に「特撰」が「グレートバリュー・サケ」に選ばれたものと考えています。当社では、「QUALITY」を貫く酒造りに、これからも取り組んでまいります。

■インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)
IWC(本部・イギリスロンドン)は、1984年に創設された世界最大規模と称されるワインの品評会です。「ワイン部門」に加えて、2007年、新たに「SAKE部門」が設けられ、今年で12回目を迎えました。IWCの審査は、厳しいプロセスに準拠しており、「マスター・オブ・ワイン」(最難関のワイン資格)所持者や、ソムリエ、バイヤー、ライターなどの業界関係者によって、公平に行われています。

■SAKE部門のカテゴリー、メダル
2018年の「SAKE部門」は、世界15ヶ国、59名の審査員により、9つのカテゴリー(普通酒・本醸造・純米・純米吟醸・純米大吟醸・吟醸・大吟醸・古酒・スパークリング)を対象に審査され、それぞれ「ゴールドメダル(金賞)」「シルバーメダル(銀賞)」「ブロンズメダル(銅賞)」の受賞酒と、大会推奨酒が選ばれました。さらに、ゴールドメダルを獲得した酒の中から最高賞にあたる「トロフィー」が授与され、トロフィー受賞酒の中から最優秀賞として「チャンピオン・サケ」(※1)が選出されます。また、ゴールド・シルバーメダル受賞酒の中から優れたコストパフォーマンスの酒(720mL換算で10万本以上を生産し、小売価格1,000円以下)に、「グレートバリュー・サケ」が授与され、最優秀賞として「グレートバリュー・アワード」(※2)が選出されます。
エントリーは過去最高の456社、1,639銘柄で、うち97銘柄がゴールドメダルを受賞、「グレートバリュー・サケ」は3銘柄が受賞しました。

※1 ※2 「チャンピオン・サケ」「グレートバリュー・アワード」は、7月10日にロンドンで開催されるIWCアワードセレモニーで発表されます。

月桂冠「特撰」がIWC2018でW受賞
月桂冠「特撰」
月桂冠「つき原酒」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ