プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

早稲田大学

早大生が地域企業と新規事業を創出する 富山県新規事業創造インターンシッププログラム参加企業決定

2018-05-16

早稲田大学

早大生が地域企業と新規事業を創出する 富山県新規事業創造インターンシッププログラム参加企業決定

このたび早稲田大学(新宿区、総長:鎌田薫)は、2018年1月に富山県と締結した「就職支援・人材還流に関する協定」に基づいた「富山県新規事業創造インターンシップ」を8月、9月にかけて実施します。本インターンシップに参加する企業や日程等の概要が決まりましたので、ご案内します。

1.概要・目的:
本インターンシップは、「未来社会を創る」、「Uターン/Jターン/Iターンが起こす地域イノベーション」をテーマに、次世代アントレプレナー育成事業「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」の教育手法とノウハウを富山県の地域価値に融合させることで、富山県における地域イノベーション、企業内新規事業創造に貢献できるアイデア創出を目指します。

2.内容:
富山県からの参加企業担当者と早大生がチームを組みます。ワークショップとインターンシップを組み合わせた構成で、アイデア創出からビジネスモデルの検証までを一気通貫で実施します。

・フェーズ1(ワークショップ)
日程:8月20日(月)~22日(水)
場所:大学コンソーシアム富山「駅前キャンパス」(CiCビル5階)

・フェーズ2(インターンシップ)
日程:8月23日(木)~9月11日(火)の期間で1週間(参加企業毎に異なる)
場所:参加企業内

・フェーズ3(ワークショップ)
日程:9月12日(水)~14日(金)
場所:大学コンソーシアム富山「駅前キャンパス」(CiCビル5階)

3.参加企業:株式会社スギノマシン、株式会社富山村田製作所、北陸電力株式会社、
株式会社CKサンエツ、YKK AP株式会社

4.対象・募集人数:早稲田大学の学部生及び大学院生 15名

<WASEDA-EDGE 人材育成プログラム>
文理融合で多様な人材によるイノベーション創出の場「社会デザイン工房『共創館』」を設置して、「アントレプレヌールシップ教育プログラム」などを提供することにより、事業化マインドを持った人材(EDGE人材)を育成し、我が国の持続的なイノベーション・エコシステムのハブ形成に貢献することを目指しています。詳しくは、WASEDA-EDGE 人材育成プログラムでweb検索してください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ