プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社共同通信ピー・アール・ワイヤー

国内外のSNSユーザー向け情報発信サービス「PR Movie Booster」5月15日提供開始

2018年5月15日

株式会社共同通信PRワイヤー

国内外のSNSユーザー向け情報発信サービス「PR Movie Booster」
5月15日提供開始
~プレスリリース配信のオプションサービスとして
動画リリース制作とFacebook動画広告配信をパッケージで販売~

 プレスリリース配信会社の株式会社共同通信PRワイヤー(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩永陽一、以下、当社)は、国内外のSNSユーザー向けの情報発信サービスとして、プレスリリースの画像素材を動画リリースに変換し、Facebook動画広告として配信する「PR Movie Booster(ピーアール・ムービー・ブースター)」を5月15日から提供します。

 近年、企業や団体などの広報活動において、報道機関への情報発信に加え、SNSや動画を活用したPR、また海外のSNSユーザーに対してのダイレクトな情報発信のニーズが高まっています。一方で、メディアや一般生活者など“ターゲットごとに発信するコンテンツを作り分けたり、発信方法をアレンジするのは手間がかかり、多忙な広報部門では実現が難しい”という顧客の声も多くいただいています。

 このような状況を背景に、「PR Movie Booster」は報道機関以外のSNSユーザーにも直接その情報を発信したいという企業や団体などの顧客向けに開発したPR動画配信サービスで、顧客が自社のプレスリリースを、当社の配信システムを通じて国内外の報道機関に配信する際に、オプションとしてご利用いただけます。

 本サービスは、インターネット動画マーケティングを専門とするカクテルメイク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松尾幸治)と、海外向けプロモーション・SNSマーケティングで実績のある株式会社ビヨンド(本社:東京都中央区、代表取締役:道越万由子)との協業体制で提供します。
 カクテルメイク社がプレスリリースの画像素材をもとにソーシャルメディアに適した動画リリースを制作し、ビヨンド社がプレスリリースの内容に応じてFacebookのターゲットユーザーを設計し、動画リリースを広告としてターゲットへピンポイントで配信します。

 顧客にとっては、報道機関に配信するプレスリリースを一般生活者に親しみやすい「動画」にすることで、SNS上での視聴や情報拡散が期待できるうえ、内容に応じたFacebookのターゲットユーザーに対してダイレクトな情報発信が可能となります。
 また、当社サービスの強みの一つである、「海外メディア向け配信サービス」と併用することで、海外向けPRやインバウンドPRにも活用することができます。

 当社は、今後もカクテルメイク社およびビヨンド社と、主にソーシャルメディアユーザー向けの情報発信において連携を強化するとともに、新たなサービスの提供を目指してまいります。

【サービス概要】
■『PR Movie Booster』 
<料金> 1回のリリース配信につき30,000円(消費税およびリリース配信料別途)
<内容> ・動画リリース制作
     ・Facebook動画広告配信(想定:2,000再生/3秒再生 ※ターゲット設計なし)

■『PR Movie Booster PLUS』
<料金> 1回のリリース配信につき522,000円(消費税およびリリース配信料別途)~
<内容> ・動画リリース制作
     ・Facebook動画広告 ターゲット設計
     ・Facebook動画広告配信(※ターゲットにより想定再生数が異なります)

【会社概要】
■株式会社共同通信PRワイヤー
代表者:代表取締役社長 岩永 陽一
設立:2001年6月21日
事業内容:プレスリリース配信サービス「PR Wire」の運営、広報の企画、実施
URL:https://corp.kyodonewsprwire.jp/

■カクテルメイク株式会社
代表者:代表取締役 松尾 幸治
設立:2014年10月14日
事業内容:インターネット動画マーケティング事業
URL:https://cocktail-make.com/

■株式会社ビヨンド
代表者:代表取締役 道越 万由子
設立:2016年9月1日
事業内容:海外向けプロモーション、インバウンド集客支援、SNSマーケティング運営
URL:http://beyond-global.jp/

PR Movie Booster サンプル

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ