プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社クラウドワークス

三菱UFJフィナンシャル・グループとフィンテック推進に向け資本業務提携並びに合弁会社を設立

5月14日

株式会社クラウドワークス

三菱UFJフィナンシャル・グループとフィンテック推進に向け
資本業務提携並びに合弁会社を設立
~個人のための新しい金融インフラ構築へ~

株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長CEO:吉田 浩一郎、以下「クラウドワークス」)は 、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(本社:東京都中央区、代表執行役社長:平野信行、以下「MUFG」)の子会社であるJapan Digital Design株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:上原高志、以下「JDD」)と 、関係当局の許認可等を前提に、銀行業の高度化並びに利用者の利便性向上に資する新たな金融サービスの開発、販売等を目的として合弁会社(以下「本合弁会社」)を設立することを決定いたしました。

また、本合弁会社の設立および両者の連携強化を目的として、クラウドワークスはMUFGの子会社である株式会社三菱UFJ銀行(本店:東京都千代田区 取締役頭取執行役員:三毛兼承、以下「三菱UFJ銀行」)を割当先とする第三者割当増資を行うことを決定いたしました。

※詳細につきましては、本日付当社適時開示資料「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ戦略子会社であるJapan Digital Design株式会社との合弁会社設立に関するお知らせ」および「資本業務提携及び第三者割当による新株式の発行に関するお知らせ」を参照ください。

1.本合弁会社の設立の目的:個人のための新しい金融インフラの構築
近年、個人のワーク・ライフ・バランス充実や終身雇用に囚われない生き方の選択が増加し、フリーランスや副業・兼業、在宅ワークなど働き方の多様な選択肢が広がることにより、正社員以外の働き方をする人の割合は就業者全体の50%に迫っています(*1)。同時に、民泊やカーシェア、クラウドソーシングをはじめとしたシェアリングエコノミーサービスが急速に普及することに伴い、個人の収入(報酬)獲得機会と手段は、一つの雇用先からの給与振り込みに限定されることなく多様化が進んでおります。
このような中、金融サービスに対しては、より高い利便性が求められるとともに、従来の銀行サービスでは捕捉しきれないニーズへの対応が急務であると考えられます。
本合弁会社の設立は、日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営し、180万人以上の登録ユーザーに年間約100億円の報酬を届けるクラウドワークスのユーザー基盤と、MUFGが保有する金融サービスに対する知見を融合することにより、生き方が多様化する時代に即した新たな金融サービスの提供を目指すものであります。
*1.総務省統計局「労働力調査」(2018年2月)

2.本合弁会社の設立の概要
本合弁会社の設立にあたり、両者は連携し、下記の取り組みを行います。

① クラウドワークスとJDDによる合弁会社設立並びに新たな金融事業の立ち上げ
② クラウドワークスによる三菱UFJ銀行を割当先とした第三者割当増資
③ JDDによるクラウドワークス本体へのFinTechアドバイザー就任

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805113848-O1-3eh1Jjo7

<本合弁会社設立により進める事業計画の概要>

■Phase1. ウォレット経済圏
個人向けデジタル・ウォレットアプリケーションを提供。
クラウドワークスを利用する個人が獲得した報酬をデジタルウォレットに直接チャージし、国際ブランド の加盟店決済に利用できるようにすることで、クラウドワークスグループが提供するシェアリングエコノミーサービスの利用などにより個人が獲得した報酬の管理や決済・送金をより簡単に実現します。

■Phase2. 銀行口座と連動
銀行口座との連動により、給与やクラウドワークスグループ外で獲得した報酬のチャージにも対応し、インターネット通販や店頭でのアプリ決済の利用シーンを拡大するだけでなく、デジタルウォレットを中心とした決済 ネットワークの構築を実現いたします。

■Phase3. 独自決済プラットフォーム
独自の加盟店ネットワークと決済プラットフォームを構築。利用者並びに加盟店にとってより利便性高く、安価な決済インフラの提供を目指します。

<本合弁会社の概要>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805113848-O2-Ml27h92l

3.JDDについて

JDDは社会的課題に対し、具体的なプロトタイプ開発と多様なコミュニティでの実証実験を通じて模索し、次世代の新たな金融UXを創造・提案するために、これまで銀行内の組織であったイノベーション・ラボをスピン・オフさせ、2017年10月に誕生しました。
今後、急拡大していく音声やモーションセンサーなどIoTデバイスやAIを活用した新たなユーザーインターフェイスを開発し、より快適でFrictionlessなユーザー体験を創造し、これまでにない顧客価値を、MUFGのネットワークを通じて、世界中に発信していくことを目指しております。

会社名:Japan Digital Design株式会社
所在地:東京都中央区日本橋本石町3-3-5 日本橋トークビル6階
設 立:2017年10月
事 業:銀行業高度化等の資する調査、研究、および技術開発
      銀行業高度化等に資するシステム開発、販売および運用
      銀行業高度化等に資するコンサルティングおよび人材育成
      銀行法第52条の23第6項の規定により、金融庁申請、認可取得済

4.クラウドワークスについて

クラウドワークスは「“働く”を通して人々に笑顔を」をミッション、「働き方革命~世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス(https://crowdworks.jp/)」をはじめとした個人に報酬を届ける事業を展開しています。2018年4月現在、提供サービスのユーザーは193万人、クライアント数は24万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年12月 東証マザーズ上場【証券コード3900】。日経ビジネス「日本を救う次世代ベンチャー100」選出、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞(審査委員会特別賞)受賞、2015年度グッドデザイン・未来づくりデザイン賞 受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとした
    インターネットサービスの運営
資本金:17億6,723万円(資本準備金17億2,523万円)※2017年9月時点
URL:https://crowdworks.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ