プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

テクノプロ・ホールディングス株式会社

テクノプロ・グループが高校生向け特別キャリア授業『Future Creating School』を開催

2018年5月7日

テクノプロ・ホールディングス株式会社

高校生向け特別キャリア授業『Future Creating School』開催のお知らせ
~社会人の話を通じて早期に自分のキャリア観を形成する機会を提供、高校生の積極的な進路選択を支援~

多くの高校生は、不明瞭なキャリア観の中で、教科の得手不得手や好き嫌いによって自分自身の将来を大きく左右する「文系・理系」を選択していると言われます。高等学校におかれましても生徒のキャリア観醸成に向けた様々な取り組みを実施されているところではありますが、一方で、効果的なプログラムが見いだせない状況であるともいえます。
当社は、高校生が社会人の話を聞き、自ら考え、実社会のリアルな体験を通じて、早期のキャリア観の芽生えにより、生徒自身が自分の将来を見据えながら積極的に文系・理系を選択できる環境整備を目指し、下記の通り『Future Creating School』(以下、「FCS」と呼ぶことがある)を高等学校の賛同のもと開催いたします。
FCSの全プログラムをとおして、国内最大の技術系人材サービス企業として当社が長年培ってまいりました人材育成やキャリア形成のノウハウが有効に活用され、本取り組みが日本の将来を担う優秀な若者の輩出に資するものと考えます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805073658-O2-R9z9o1vM

■Future Creating Schoolのロゴ
「生徒が自分自身で未来を切り開く学校」という意味を込めて、名称を『Future Creating School』とし、ロゴやロゴタイプは親しみが持てる手書きフォントとしました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805073658-O3-J28vPo2f

■FCSの目指すGOAL
働く大人が社会で身に付けた経験や知見を高校生に還元し、高等学校と社会とが有機的に繋がることにより、高校生には社会を「知る」「考える」「見る」の段階を踏みながら、将来の職業選択・就業選択のイメージを持ちながら文系・理系を選択してもらうことで、より一層社会で活躍できる人材に成長する。

■概要とスケジュール
高校生の置かれている文理選択のステージと、高等学校の学事スケジュールにあわせ、1年間で合計3回にわたり段階的にFCSプログラムを開催。今年度のFCSは群馬県立太田女子高等学校の年間のキャリア教育・進路学習、総合学習行事のうち①「女性の活躍を知る」講演会、②進路指導講演会、③企業・官公庁・研究施設訪問の3つの行事をお手伝いするかたちで開催いたします。

*Program1(5月):「理系のシゴト、文系のシゴト生トーク」
 社会で活躍する、OGや社会人の本音を聞き、働くということを「知る」。

*Program2(9月):「文理選択の先に広がる未来」
 有識者の目を通して見た文系のシゴトや理系のシゴトをヒントに、保護者と一緒に将来の自分を「考える」。

*Program3(10月):「シゴトの参観日」
 将来の自分を想像するため、社会で実際に働く人のリアルを「見る」。

■群馬県立太田女子高等学校
群馬県立太田女子高等学校は、1921年(大正10年)に開校し、太女(たじょ)の通称で親しまれる県下有数の進学校です。生徒一人ひとりの学力の向上や進路の実現はもとより、人としての「人間的な成長」を企図し、さまざまな活動や行事を行っています。2018年の大学入試では、国公立大学に113人、私立大学に690人が合格しています。同校では、大学の先生による研究指導や模擬授業なども行いながら、生徒が「将来、社会の中でどのように生きていくか」を自ら追求し、夢や希望を実現することができる大学や学部に進むことができるよう、教職員が心を一つにして日々の教育活動に全力を尽くしている学校です。
*太田女子高等学校ウェブサイト http://www.nc.tajyo-hs.gsn.ed.jp/

■FCS専用ウェブサイト/コンセプトムービー
URL:https://www.technopro-do.com/fcs/

■テクノプロ・グループ
テクノプロ・グループは、国内に130以上の拠点を有し、15,493名(2018年3末時点)の技術者・研究者を擁する日本最大の技術系人材サービス企業グループです。機械、電気、電子、組込制御、情報システム、化学、バイオ、医薬、建築、土木など、日本の産業界で必要とされるほぼすべての技術領域をカバーする専門領域の幅広さと課題解決力の高さが評価され、国内外で1,800以上の企業・大学・官民の研究機関に技術サービスを提供しています。また、人材のグローバル化へも対応し、中国、インド、シンガポール、マレーシアにグループ会社を有しています。
*テクノプロ・ホールディングス㈱ウェブサイト http://www.technoproholdings.com/

以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ