プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社トランス・アーキテクト

トランス・アーキテクト、発着信履歴管理システムに関する特許を取得

2018/04/25

株式会社トランス・アーキテクト

トランス・アーキテクト、発着信履歴管理システムに関する特許を取得

株式会社トランス・アーキテクト(所在地:東京都港区、代表取締役:中西俊光)は、独自に発明した「発着信履歴管理システム」に関する日本国特許を取得しましたのでお知らせ致します。

電話発着信発生時にPBXよりコールイベントを受信し発着信履歴情報を生成、管理する技術です。
Extension Powerでは「発信履歴」、「着信履歴」機能で本技術を使用しており、システム内に履歴情報が自動的に生成されため、内線電話機を操作しなくとも発着信履歴をPCや携帯電話から確認可能です。

従来の技術では以下の課題がありました。
1. 発着信履歴を確認するために内線電話機の操作が必要であるため、外出先から履歴を確認することが出来ない。
2. マイライン(固有の内線番号)の履歴は残るがサブライン(共有電話番号)の履歴が残らない。
3. 電話機によっては履歴の件数制限がある。

本技術は上記課題を解決し以下のメリットがあります。
1. システム内に履歴情報が残るため、内線電話機を確認せずともPC、モバイル環境より発着信履歴が確認できます。
2. 例えば、外出先からモバイル環境を用いて会社電話機への着信履歴を確認できます。
3. サブライン(共有電話番号)の発着信履歴も確認でき、該当の着信呼が応答済みか否かを確認できます。
4. 履歴件数の制約はありません。

【特許情報】
特許番号: 特許第6318299号
出願番号: 特願2017-249740
発明の名称: 発着信履歴管理装置及びプログラム

【Extension Powerについて】
NECの販売するUNIVERGE PBXと連携し働き方改革やテレワークを支援するオフィスCTIソリューションです。
製品URL: https://extpwr.transa.co.jp/

【株式会社トランス・アーキテクトについて】
本社:〒105-0004  東京都港区新橋3-3-14 田村町ビル2F
代表者:代表取締役 中西 俊光
設立:2006年 1月 11日
資本金:3000万円
TEL:03-6240-6170
FAX:03-6240-6171
URL: https://www.transa.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ