プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

味の素AGF株式会社

「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」苗植え式を実施、ロゴマークを発表!

2018年4月25日

味の素AGF株式会社

「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」
コーヒーの苗100本の苗植え式を実施、プロジェクトロゴマークを発表!

 味の素AGF株式会社(以下、AGF 代表取締役社長:品田 英明)は、2017年6月に立ち上げた鹿児島県奄美群島の「徳之島コーヒー生産支援プロジェクト」の苗植え式を、2018年4月20日(金)に徳之島伊仙町で行いました。

 本プロジェクトは、「他にはない日本産のコーヒーを作りたい」という徳之島コーヒー生産者会 吉玉 誠一代表の想いのもと、2017年6月26日に徳之島コーヒー生産者会、伊仙町役場、丸紅株式会社、AGFの4者での契約締結によってスタートしました。今回の苗植え式では、徳之島のビニールハウスで育った100本のコーヒーの苗が、AGF®コーヒー実証農場へ植え替えられました。AGF®コーヒー実証農場の広さは約10aで、200本のコー ヒーの木を育てることができます。

 同プロジェクトが目指すのは、徳之島でしか作れない「JapaNeeds Coffee®」(ジャパ  ニーズコーヒー)です。今回の苗植え式の開催に当たり、その想いを込めて、4者でプロ  ジェクトロゴマークを制定しました。コーヒーカップの中に浮かぶ「徳之島」が、世界中どこにもない「徳之島コーヒー」を表現しています。本プロジェクトロゴマークを、同じく今回新たに制定したキャッチコピー「ONLY ONE徳之島から世界中どこにもない一杯を。」とともに活用し、「徳之島コーヒー」の認知拡大を図ります。

 AGFは、AGF®-SV※の一環として、徳之島のコーヒー生産農家を支援し、国産コーヒー豆を使った商品の発売を目指します。

※AGF® Shared Value:事業活動を通じて、社会価値(「ココロ」と「カラダ」の健康、「人と人とのつながり」、地球環境との共生)の創出への取り組み

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804253304-O1-Baj6JHeI
(右から)丸紅株式会社 飲料原料部 梶原部長、
鹿児島県大島郡伊仙町 大久保町長、
徳之島コーヒー生産者会 吉玉代表、
味の素AGF株式会社社長 品田

※「吉」は(土のしたに口)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804253304-O2-L2741Ex8
(右から)吉玉代表、梶原部長、
大久保町長、品田

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804253304-O3-0C4cPEez
■徳之島コーヒー生産支援プロジェクトロゴマーク

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804253304-O4-v4KION0R
■キャッチコピー

苗植え式①
苗植え式②
ロゴマーク
キャチコピー
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ