プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ジェイ・ディー・パワー アジア・パシフィック

消費者向け情報サイト「チェック!CS by J.D.Power」を開設

2018年2月27日

J.D. パワー アジア・パシフィック

消費者向け情報サイト「チェック!CS by J.D.Power」を開設
米本社設立50周年を記念し、消費者向け各種プロモーションを展開

CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木郁、略称:J.D. パワー)は、本社設立50周年を記念し、この度、消費者向け自動車情報サイト「J.D. Power Japan Cars」をリニューアルし、消費者の賢いモノ・ブランド選びに役立つ情報を提供する、消費者向け情報サイト『チェック!CS by J.D. Power』http://jdpower-japan.comを開設いたしました。
  
 近年、クチコミやランキングサイトの普及とともに、商品やブランドの評価が簡単に調べられる傾向になっています。
 様々な情報が溢れる今こそ、J.D. パワーは、客観的で公平な評価による情報を消費者にお届けしたいという思いを込め、様々な業界からCSベンチマークとして信頼されている自社企画・自社実施によるシンジケート調査のデータや、商品やサービス選びに役立つ情報、消費者の関心ごとを取り上げた情報を発信いたします。
 
 この情報サイトを通じて、生活に寄り添う情報をダイレクトに発信し、企業や産業の発展のみならず、消費者の生活向上に役立つ企業としての活動に取り組んでまいります。

消費者向け情報発信ウェブサイト”Check CS” 概要

 【ウェブサイト名称】『チェック!CS by J.D. Power』
 【URL】http://jdpower-japan.com
 【主なコンテンツ】
   ■ J.D. パワーの業界シンジケートCS調査による
      ナンバーワンブランドと格付けの公表
   ■ J.D パワーのアナリストや業界スペシャリストによるコラムの連載
 ■ インフォグラフィックで調査結果をわかりやすく紹介 他                       
 

J.D. パワーについて:J.D. パワー(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は、1968年に、顧客の声に耳を傾けることの重要性に着目し、それを企業や産業の発展と消費者の豊かな暮らしに役立てようと考えたアメリカ人J.D. パワー三世により設立されました。以来、「顧客の声こそが企業を成功へ導く」を企業理念に、現在では北米、南米、ヨーロッパ、アジアに計17の拠点を有し、毎年、世界50カ国以上で数百万人にのぼる消費者やビジネス・ユーザーを対象に、品質や顧客満足に関する調査を実施しています。アジア・パシフィックでは東京、シンガポール、北京、上海、バンコク、マレーシアに拠点をもち、日本、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムで調査を行っています。
 また、J.D. パワーは、国際的なオルタナティブ投資会社でプライベート・エクイティ企業であるXIOグループ(本社:ロンドン、創業者:Athene Li, Joseph Pacini, Murphy Qiao, Carsten Geyer)の投資先企業のひとつです。
J.D. パワーは今年、本社設立50周年を迎えます。
http://japan.jdpower.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ