プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヴァイサラ株式会社

交換可能な4種類の湿度温度プローブと温度プローブの販売を開始

2018年2月21日

ヴァイサラ株式会社

ヴァイサラ、交換可能な4種類の湿度温度プローブと温度プローブの販売を開始

— 単独でデジタル変換器として使用することも、
ヴァイサラのホストデバイスと接続して使用することも可能 —

ヴァイサラ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ヴェリ・ソレフマイネン、以下ヴァイサラ)は、厳しい要件が求められる産業用途向けに設計された交換が可能なインテリジェントプローブ、「HMP4 湿度温度プローブ 高圧環境用(以下、HMP4)」、「HMP5 湿度温度プローブ 高温環境用(以下、HMP5)」、「HMP7 湿度温度プローブ 高湿環境用(以下、HMP7)」、「HMP8 湿度温度プローブ 高圧パイプライン用(以下、HMP8)」、そして、「TMP1 温度プローブ(以下、TMP1)」を本日より販売開始いたします。

■ 利便性、互換性、精度の持続性
この度新しく発売されたHMP4、HMP5、HMP7、HMP8、TMP1の5種類のプローブは、すでに発売されている「GMP251/252 CO2プローブ」や「HPP272 過酸化水素・湿度・温度プローブ」と同様、「ヴァイサラ Indigo製品シリーズ」のラインアップに加わります。

本プローブの主な共通機能で特筆すべき点は、メンテナンスに伴うダウンタイムを最小限に抑えられる「交換可能なプローブ」であるという点です。この機能に加え、プローブの優れた精度と安定性により、コストとリソースの削減に貢献します。交換可能なプローブは、校正や交換も容易に行うことができます。
その他の共通機能として、センサ加温機能や化学物質の影響を最小限に抑えるケミカルパージ機能があります。尚、HMP7は、高湿度環境においても正確な計測を実現するプローブ加温技術も特長の一つです。

全てのHMPプローブには、高分子薄膜静電容量式のHUMICAP® 湿度センサの新センサ「ヴァイサラ HUMICAP® R2 コンポジットセンサ」が搭載されており、特に酸性環境下において、センサに対する非常に優れた耐腐食性を実現しています。また、HMPおよびTMPプローブは全て、埃や多くの化学物質に耐性があり、滑らかな表面で清掃が簡単です。

本プローブは、ヴァイサラ Insightソフトウェア(無料)に対応しており、機能設定、データアクセスが簡単に行えます。また、ヴァイサラ Insightソフトウェアを使用することで、これまでよりスムーズに校正作業を実施できます。また、Modbusプロトコルに対応しているため、ヴァイサラ Indigo 200シリーズ ホストデバイスに接続せずに単独で使用することもできます。

■ 高圧環境から高湿環境まで
本プローブはそれぞれ、圧力、温度、常時高湿度、または急激な湿度変化が伴う用途向けに設計されています。 これらの用途には、計測性能と多くの化学物質への耐性が不可欠な乾燥室やテストチャンバー、空調用空気、その他の環境試験器や気象観測機器などがあります。5種類のプローブから、用途に応じた適切なタイプを選択できます。

HMP4: 船舶、ブリージングエア、工業利用などにおける圧縮空気システムの、最大100barの高圧設備向けに設計されています。

HMP5: ベーキングオーブン、パスタ乾燥機、工業用乾燥炉などの高温環境用途向けに設計されています。

HMP7: 乾燥室やテストチャンバー、空調用空気やその他の環境試験器、気象観測など、プローブの加温が有効な高湿度環境用途向けに設計されています。

HMP8: パイプラインへのプローブの挿入や取り外しが容易で、パイプラインへの挿入長の調整が求められる、圧縮空気システム、冷凍式エアドライヤ、環境チャンバーなどの圧力下用途において、最大40barの高圧パイプライン向けに設計されています。

TMP1: 精度と堅牢性が不可欠な製薬業界や校正試験所など、温度計測の厳しい要件が求められる産業用途向け設計されています。(防浸プローブ付き)

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802191066-O6-Zu2OtLE7

■ ヴァイサラ Indigo製品シリーズ
ヴァイサラ Indigo製品シリーズには、交換可能で高性能な計測プローブ、オプションのホストデバイス、ヴァイサラ Insightソフトウェアがあります。これらのプローブは、多くの実績を誇るセンサ技術であるヴァイサラHUMICAP®、CARBOCAP®、PEROXCAP®などを擁しています。これらのセンサ技術は、最新の産業プロセスにおいて業界屈指の性能を担保するために、絶えず開発を行っています。ヴァイサラ Indigo製品シリーズは、工場や産業プロセス、装置中における湿度、温度、二酸化炭素、過酸化水素蒸気などの計測に最適です。詳細は www.vaisala.co.jp/indigo をご覧ください。

■ ヴァイサラについて
ヴァイサラ社は、環境/産業計測分野における世界的なリーディング企業です。当社は80年以上にわたる経験を活かし、より良い世界に向けた観測を提供します。ヴァイサラは世界各国のお客様にとって、革新的な観測・計測機器とサービスを総合的に提供できる信頼されるパートナーです。本社であるVaisala Oyjはフィンランドのヘルシンキにあり、世界各国に約1,600人の社員を有し、NASDAQ Helsinki に上場しています。当社に関する詳細は、 www.vaisala.com および www.twitter.com/VaisalaGroup をご覧ください。

● HUMICAP、CARBOCAP、PEROXCAPはヴァイサラ社の商標です。
● 本報道発表資料に記載されている内容は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

ヴァイサラ HMP4 湿度温度プローブ 製品画像
ヴァイサラ HMP5 湿度温度プローブ 製品画像
ヴァイサラ HMP7 湿度温度プローブ 製品画像
ヴァイサラ HMP8 湿度温度プローブ 製品画像
ヴァイサラ TMP1 湿度温度プローブ 製品画像
ヴァイサラ HMPプローブシリーズ 製品画像

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ