プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社サエラ

環境省連携のリサイクル実証事業 第7回「BRING PLA-PLUS プロジェクト」に参加

2018年2月15日

株式会社サエラ

環境省連携のリサイクル実証事業
第7回「BRING PLA-PLUS プロジェクト」に参加

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802150980-O2-Ml15A2jj

株式会社サエラ(東京都港区/代表取締役社長:山本健)は、環境省と連携して行われる生活用品等の製品プラスチック*の店頭回収によるリサイクル実証事業「BRING PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」に参加し、2018年2月9日(金)から3月9日(金)までの間、直営のサエラショップ(東京都渋谷区)にて使用済みの傘、生活雑貨などのプラスチック製品を回収します。

今回で7回目を迎える本プロジェクトは、日本環境設計株式会社(東京都千代田区/代表取締役社長:髙尾正樹)を事務局とし、生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促進することを目的として行われます。リサイクル可能なオールプラスチック傘『+TIC / プラスチック』をはじめとした傘などの企画・生産・販売を行うサエラは、昨年より本プロジェクトに参加しており、今回で2回目となります。

サエラでは本プロジェクトへの参加を通じて環境省、各自治体、消費者等と連携し、また、プラスチックの効率的な回収や再資源化・再製品化、さらには持続可能な社会に貢献できる商品開発を、より一層強化する考えです。

*生活用品等の製品プラスチック…「容器包装リサイクル法」の対象外であることから、再資源化可能な物も多く含まれているにもかかわらず、多くの自治体で分別収集・リサイクルが行われず、焼却・埋め立てによる処理が行われているおもちゃ、文具、生活雑貨など。

【第7回 BRING PLA-PLUS プロジェクト サエラの実施概要】
■回収期間:2018年2月9日(金)~3月9日(金)
■回収拠点:サエラショップ
   (東京都渋谷区神南1-13-4 井戸ビル2F 営業時間:12:00~19:00 定休日:月曜)
■回収対象品:使用済みの傘、生活雑貨などのプラスチック製品
■回収方法:店頭・店内に設置している回収ボックスへの投入

※詳細はこちらをご覧ください。
BRING PLA-PLUS プロジェクト公式サイト http://plaplus-project.jp
環境省HP http://www.env.go.jp/press/105108.html

【商品に関するお問い合わせ先】
株式会社サエラ 担当:山田  〒108-0073 東京都港区三田5-14-17
TEL:03-5793-8955  MAIL:info@caetlaltd.co.jp  URL:https://www.caetlaltd.co.jp/

店内に設置された回収箱
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ