プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

丸紅情報システムズ株式会社

Desktop Metal社と代理店契約を締結 金属3Dプリンター「Studio システム」の取り扱いを開始

2018年2月15日

丸紅情報システムズ株式会社

Desktop Metal社と代理店契約を締結
金属3Dプリンター「Studio システム」の取り扱いを開始

丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、金属3Dプリンターメーカーの米国Desktop Metal, Inc.(以下、Desktop Metal)と代理店契約を締結しました。Desktop Metal製の金属3Dプリンター「Studio システム」の国内における取り扱いを開始します。

Studioシステムは、MIM(*1)のプロセスを応用して金属材料での造形を実現する3Dプリンターです。金属粉末と熱可塑性のバインダー(結合樹脂剤)を混合した材料を積層して造形するFDM方式(熱溶解積層方式)の「Studio 3Dプリンター」と、バインダーを脱脂(*2)する「デバインダーステーション」、高温で加熱し金属粉末を溶融結合させて焼結体をつくる「ファーナス(焼結炉)」の3つの機器でシステム一式を構成します。材料は金属粉末に樹脂を練りこんだ棒形状で供給されるため、金属粉末が飛散し粉塵爆発を引き起こす危険性がなく、金属紛体をレーザーやビームで焼結・溶融する方式の金属3Dプリンターのように専用のクリーンルームに近い環境を用意して窒素封入や静電気対策を行う必要がありません。また、サポート部分とモデル部分の接地面に融点の高いセラミック粉末を押し出すことで金属同士の結合を防ぎ、手や工具で簡単にサポート部分を除去できるため、ワイヤー放電加工機や切削機などによるサポート除去の後加工が不要です。

近年、部品の軽量化が求められる中、CADデータによる設計と金属3Dプリンターによる造形の組み合わせは、部品点数の削減で軽量化を実現する一つの方法です。しかしながら、金属3Dプリンターは機器の価格が高額なうえに設置環境の整備にも費用がかかるため、航空宇宙業界の一部や大企業の研究用途に利用範囲が限定されていました。これに対してStudio システムは製品価格が他の金属3Dプリンターと比較して安価であり、さらに設置環境の整備に高額な費用をかける必要がなく、広く製造業への普及が期待できます。

MSYSは、1992年より25年間にわたり日本国内で樹脂を造形材料とするFDM方式の業務用3Dプリンターを販売・サポートしてきました。現在、社内に総勢59名(うち技術者34名)の3Dプリンター専任体制と全国をカバーするサポートネットワークを擁しており、業務用FDM方式3Dプリンターの累積販売台数は2300台を超えます。FDM方式について多くの実績と知見・技術力を蓄積しており、FDM方式であるStudio システムにもこれまで培った知見と技術力を生かすことが可能です。サポート除去の後加工機や、厳しい条件の設置環境を必要としないStudio システムは、航空宇宙業界や自動車部品メーカーの小物部品、産業/工業技術センターや大学などの研究機関、鋳造品の置き換え、サービスビューロー向けの試作から小ロット生産に適しており、MSYSはこれらの業界を中心にStudio  システムの販売を展開していきます。

Desktop Metalは量産向け金属3Dプリンター「Production システム」の米国における販売開始も2019年に予定しており、MSYSは国内における取り扱いを予定しています。MSYSはDesktop Metal製3Dプリンターの取り扱いにより、今後3年間で10億円の売上を目指します。

Desktop Metal製品紹介ページ: http://www.marubeni-sys.com/desktopmetal/

*1) MIM:(Metal Injection Molding)の略で、金属粉末冶金技術とプラスチック射出成形技術を融合させた、金属部品製造技術。金属粉末とバインダー(プラスチック樹脂など)を混ぜ合わせ、金型内に射出成形を行った後、脱脂工程でバインダーを除去し、高温焼結することで高密度の金属製品を作り出す。加工が難しいとされる材料にも対応できる金属粉末冶金と、形状の自由度が高いプラスチック射出成形のメリットを組み合わせた金属加工技術。機械加工では難しい形状でも生産でき、鋳造よりもシャープエッジが出る。多種材、難加工材料の対応が可能。
*2)脱脂:加熱や溶媒によってバインダーを除去すること。

【Desktop Metal(デスクトップメタル)について】
会社名称 :Desktop Metal, Inc.
CEO  :Ric Fulop
本社所在地 :米国マサチューセッツ州バーリントン
設立  :2015年
出資者 :GV(Google Ventures), GE Ventures, BMW iVentures, New Enterprise Associates, Stratasys 他
URL : https://www.desktopmetal.com/

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション部
電話:03- 4243-4123

* 文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

【Studio システム 製品外観】Studio3Dプリンター
【Studio システム 製品外観】デバイダーステーション
【Studio システム 製品外観】ファーナス(焼結炉)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ