プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

ドコモが人工知能を活用したタクシー乗車需要予測サービス「AIタクシー」の提供を開始

2018年2月14日

株式会社NTTドコモ

人工知能を活用したタクシー乗車需要予測サービス「AIタクシー」提供開始
~AI×IoTでリアルタイムに乗車需要を予測し、お客さまの利便性とタクシー業務の生産性を向上~

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、人工知能を活用したドコモのリアルタイム移動需要予測技術※1で未来のタクシー乗車需要を予測するサービス「AIタクシー(R)」を、2018年2月15日(木)より法人企業向けに日本全国で提供を開始します。東京23区、武蔵野市、三鷹市では東京無線タクシーが1,350台、名古屋市ではつばめタクシーグループが1,150台のタクシー車両で、「AIタクシー」を活用した運行が順次開始されます。

 「AIタクシー」は、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信するサービスです。タクシー運行データ※2や気象データ、周辺施設(POI※3)データなどの多様なデータに加え、ドコモの「モバイル空間統計(R)」のリアルタイム版(以下、人口統計データ※4)を活用し、日本各地の性別や年齢層など、属性ごとの人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握しながら、各データを人工知能で分析することにより、乗車需要を10分ごとに予測します。広域で人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握できる人口統計データと、人工知能を活用したタクシー乗車需要予測のサービスは、世界初※5となります。

 ドコモでは、2016年度から東京23区、武蔵野市、三鷹市や名古屋市における実証実験を通して、リアルタイム移動需要予測技術の確立に取り組み、一定の効果を確認することができました。そして、大阪市、福岡市などの他のエリアにおいても試行運行を進めてまいりました。

 「AIタクシー」の提供価格は、営業区域※6数とタクシー車両台数により異なりますが、初期導入費用は30万円から、月額利用料は車両1台あたり900円前後※7で提供します。また、導入を検討しているお客さまにもお試しいただけるように、初期導入費用0円の利用期間限定のお試しプランも提供します。

 近年、海外からのお客さまも含め、観光需要の高まりで移動需要が伸びていく一方、人口減少や超高齢化社会に直面する日本において、ドライバー不足や交通空白地といった交通課題は切実な問題です。また、企業における働き方改革や生産性革命の実現が求められています。

 ドコモはAI×IoTにより、未来の移動需要を見える化し、移動需要に応じた最適な移動手段の供給を可能とすることで、タクシーをはじめ、様々な移動手段の効率的運行による交通全体の最適化に取り組んでおります。この取り組みにより、交通課題の解決、移動の利便性の向上、および生産性の向上に貢献してまいります。

※1 「リアルタイム移動需要予測技術」はNTTグループのAI「corevo(R)」を構成する技術です。
※2 タクシー運行データとは、タクシーの乗降場所・日時などのデータです。
※3 POI(Point of Interest)とは建物や店舗などの施設情報です。
※4 本サービスで使用する人口統計データは、エリア毎や属性毎の集団の人数を示す情報であり、お客さま個人を特定できる情報を一切含みません。したがって、この人口統計データによりお客さまの行動が他人に知られることはありません。なお、本サービスで使用する人口統計データは、モバイル空間統計ガイドラインを遵守しております。
   モバイル空間統計ガイドライン(https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/disclosure/mobile_spatial_statistics/guideline/index.html)
※5 NTTドコモ独自の調査による。2018年1月時点。
※6 営業区域とは法令により定められるタクシーの営業区域です。
※7 月額利用料金はご利用車両台数や営業区域数などの条件により変動します。

*「AIタクシー」「モバイル空間統計」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*「corevo」は日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)

■別紙
「AIタクシー」のサービス概要

1.サービス概要
 人工知能を用い、人口統計データとタクシー運行データなどから、未来のタクシー乗車台数をエリアごとに予測して提供する、移動需要予測データ提供サービスです。
 このドコモの移動需要予測データを配車システムベンダー※1やドライバー業務支援アプリなどで活用することにより、タクシードライバーに有益な運行情報が提供され、以下の効果が期待されます。

(1)期待される効果
①お客さまのタクシーの待ち時間を短縮
 AIが先読みした需要予測に基づいてタクシーが先行して向かうので、お客さまの待ち時間の短縮が期待されます。
②電車遅延やイベントなどの非日常的な乗車需要増に対応
 人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握することにより、突発的な事由により、日常よりも人が多く滞留することで発生するタクシー需要や、通常では気づきにくい潜在的なタクシー需要の発見が期待できます。
③ドライバーごとの実車率のばらつき解消・底上げ
 各ドライバーの運行の効率化により、タクシー事業者の収益向上に貢献します。また、これまでリアルタイムには把握しづらかった需要を伝えることで、新人ドライバーの不安を払拭し、離職率の低下や、新たなドライバー確保が期待され、ドライバー不足解消の一助になります。
④業務効率、生産性向上
 タクシー運行を効率化することにより、働き方改革の促進や生産性向上が期待されます。

2.提供内容
 現在から30分後までのタクシー乗車に関する需要予測データなどをオンライン配信いたします。

(1)オンライン配信するデータの種類
①営業区域内500m四方ごとの、タクシー乗車台数の予測値
②乗客獲得確率の高い100m四方のエリアの情報
③乗客獲得確率の高い進行方向
④普段よりも人口が多い500m四方のエリア情報

(2)提供形態
 ドコモは、タクシー事業者がご利用になられている配車システムやドライバー業務支援アプリなどに対して、上記①~④のデータを配信いたします。「AIタクシー」の機能を搭載した配車システムなどを通して、ドライバーに需要予測を活用した情報が提供されます。
 また、提供パターンは、配車システムベンダーが「AIタクシー」の機能を搭載するシステムを開発したものを、タクシー事業者が利用する場合(一般的なご利用形態)と、タクシー事業者にて「AIタクシー」の機能を搭載したシステムを開発する場合の二種類に分かれます。

(3)提供条件
・人工知能の学習で利用する過去1年以上のタクシー運行データが必要です。
・人工知能の予測で利用する直近のタクシー運行データを「AIタクシー」のシステムにリアルタイムに送信する機能が別途必要です。
・タクシー乗車需要の予測結果データを活用した情報確認には、「AIタクシー」に対応した配車システムやドライバー業務支援アプリ、もしくは、お客さまにて開発される表示用アプリケーションが別途必要です。

3.提供開始日
 2018年2月15日(木)

4.料金体系
 一営業区域あたりの提供価格

      通常プラン       お試しプラン
 初期費用 30万円~       0円
 月額費用 1台あたり900円前後 10万円~

5.対象
 法人のお客さま※2

6.受付窓口
・全国のドコモ法人営業担当
・ドコモビジネスオンライン( http://www.docomo.biz/contact/ )

※1 配車システムベンダーは、タクシー配車システムや、タクシー配車アプリ(乗務員サポート含む)を開発・販売する企業です。
※2 個人タクシーの場合は、所属されている協会などを通してご相談ください。

■NTTドコモの報道発表資料はこちらをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/index.html

AIタクシーを活用した運用イメージ
需要予測結果を活用した情報提供イメージ例
提供パターン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ