プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

LinkingとScratchを活用したIoT教育教材を開発

2018/2/13

株式会社NTTドコモ

LinkingとScratchを活用したIoT教育教材を開発

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、教育現場におけるプログラミング教育の普及をめざし、さまざまな センサーデバイスを連携させるプラットフォーム「Linking®」と、プログラミング学習ツール「Scratch※1」を 活用したIoT教育教材(以下、本教材)を開発しました。

本教材は、「教室内の温度」や「物体の加速度」などのデータをリアルタイムにパソコンやタブレットで 収集、解析することが可能です。身近にある事柄をデータ化できるため、理科や総合学習などの科目での活用ができ、授業理解度の深化や授業効率化が期待できます。

また、簡易な操作でセンサーデータの収集ができるため、教師のITスキルに依存することなく授業を 実施することができます。児童は身の回りの事象に興味を広げることができ、広い視点でプログラミング的思考を育むことができます。

本教材は、2020年に小学校で必修化予定のプログラミング教育の目的であるプログラミング的思考の育成や、これからの時代に求められるIoT/AI/ビッグデータなどを牽引する人材育成に貢献できるもの です。プログラミング教育とセンサーデバイスの組合せにより、児童がセンサーデータの収集、活用を行う体験を通じて、データを収集することの意味や、どう活用すればよいのか、目的を達成するためには何を すればよいのかを学ぶ機会を創出できると考え、本教材の開発に至りました。

今回、神奈川県相模原市および、アイフォーコム株式会社と連携し、相模原市内の小学校で本教材を活用した授業を実施します。

今後もドコモは、本教材を活用し、日本の学校教育におけるプログラミング教育導入を支援してまいります。

※1 Scratchは MITメディアラボのライフロングキンダーガーテングループによって開発されました。
参考URL:http://scratch.mit.edu
* 「Linking」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ