プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス 自社の特許によるライセンスビジネスを本格展開

20180207

富士ゼロックス株式会社

富士ゼロックス 自社の特許によるライセンスビジネスを本格展開、中小企業の新事業創出を支援
地域社会の課題解決に貢献

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、イノベーションを生み出す経済活動の重要な担い手である中小企業に対して、知的財産交流を通して、自社の特許を開放し新たな事業創出を支援するライセンスビジネスを本格展開いたします。
近年、大企業の優れた開放特許と中小企業の技術力とのマッチングにより、付加価値の高い商品の開発や新たな事業を創出するビジネスモデルが注目されています。大企業は、地域社会の課題解決へ貢献しながらライセンス収入を得られるというメリットがあり、中小企業にとっては事業の成功のみならず、大企業のブランド力による信用力向上にもつながる活動といわれています。
当社は、日本国内で約14,000件の特許権を保有しており、保有する資産の有効活用のため、特許ライセンスビジネスに力を入れています。2016年から、中小企業と大企業との知財ビジネスマッチング支援を全国に先駆けて行っている川崎市の知財交流事業に参画し、このたび、川崎信用金庫(本社:神奈川県川崎市、理事長: 草壁 悟朗)と公益財団法人横浜企業経営支援財団(本社:神奈川県横浜市、代表理事:牧野 孝一)の仲介により、株式会社ショウエイ(本社:神奈川県横浜市 社長:今西 昇 以下、ショウエイ)と、自己修復性能を有する樹脂材料の特許技術*に関する特許ライセンス契約を締結いたしました。富士ゼロックスにとって知財交流での成約第1号となります。
富士ゼロックスは、今後もライセンス可能な特許技術を継続的に増やしていくとともに、自社技術の提供を通して、中小企業の活動と成長を支援し、ひいては地域社会の課題解決への貢献を継続してまいります。

*ショウエイと成約したライセンス対象の特許技術について:樹脂材料に対し、表面に傷がついても短時間で復元する自己修復性を持たせつつ、水や油を弾くことで防汚性を高めることを可能とした技術です。この材料は高温の状態でも、自己修復性を維持します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ