プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

静岡市

いちご海岸通りのいちごが最盛期 “甘ふわ”いちごが食べごろ

いちご海岸通りのいちごが最盛期 “甘ふわ”いちごが食べごろ
国道150号沿いに30以上のいちご農園がズラリ

 静岡市の国道150号、通称いちご海岸通りでは、石垣いちご狩りの最盛期を迎えている。
 石垣いちごは静岡市だけの栽培方法で、山の斜面を利用して栽培するため全てのいちごに陽があたりやすく、石垣の間に苗を植えることで温かく冷めにくい状態で育てることができるという。代表的な品種は、章姫。静岡市発祥の銘柄で、やわらかな食感と芳醇な甘みが特長だ。日持ちがしない品種としても知られ、遠方へはなかなか出回らないという貴重ないちごを存分に味わいたい。
 いちご海岸通りは、観光いちご狩りの発祥の地でもある。静岡市は天下人となった徳川家康が移り住んだ場所で、国道150号沿いにある久能山には家康を祀る久能山東照宮がつくられ、古くから参拝客で賑わっていた。その久能山の麓で、参拝者にいちごを食べてもらおうと石垣いちご農園ができたことが、観光いちご狩りの始まりと伝えられている。
 また、週末にはいちご娘が通り沿いにズラリと並び、観光客を案内する風景もこの季節ならではの風物詩となっている。
 「今年も最高のいちごができたので、ぜひ静岡市に食べに来てください」と、静岡・久能苺狩り組合の原田組合長。3月までをピークに、5月末まで国内外からの観光客で賑わいをみせる。各農園の情報はホームページより。静岡・久能苺狩り組合http://www.kunou-ichigo.com/ まるぞう いちご狩り組合http://www.maruzou-ichigogari.com/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ