プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都産業大学

総合生命科学部 遠藤 斗志也 教授らは、ERMES複合体の構成因子の立体構造と脂質輸送メカニズムの解明

2018年2月1日

京都産業大学
リンクhttps://www.kyoto-su.ac.jp/

総合生命科学部の遠藤斗志也 教授と河野慎 研究員らの研究グループは、小胞体-ミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子Mdm12の立体構造を解明しました。さらに、Mdm12ともう一つの構成因子Mmm1の複合体(Mmm1-Mdm12)が脂質輸送において重要な役割を果たし、脂質が水に触れることなく小胞体膜からミトコンドリアの外膜へと輸送する仕組みを明らかにしました。
(米国科学誌『Journal of Cell Biology』に掲載)

総合生命科学部の遠藤斗志也 教授と河野慎 研究員らの研究グループは、小胞体-ミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子Mdm12の立体構造を解明しました。さらに、Mdm12ともう一つの構成因子Mmm1の複合体(Mmm1-Mdm12)が脂質輸送において重要な役割を果たし、脂質が水に触れることなく小胞体膜からミトコンドリアの外膜へと輸送する仕組みを明らかにしました。
この研究成果は、12月26日付けの米国科学誌『Journal of Cell Biology』に掲載されました。
本研究により、近年重要性が注目される異種オルガネラ間コンタクト部位を介する脂質輸送の分子機構解明への道が拓けました。さらには、 細胞内の各オルガネラ膜が正しい脂質組成に保たれる仕組みの理解、 リン脂質供給の異常により引き起こされる疾患の病因の理解や治療法開発への貢献が期待されます。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

【関連リンク】
小胞体とミトコンドリア間のコンタクト部位をつくるERMES複合体の構成因子の立体構造と脂質輸送メカニズムを解明
https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20171227_345_release_ka01.html
タンパク質動態研究所
https://www.kyoto-su.ac.jp/collaboration/ph/kikou_pr.html

リポソーム膜間における脂質輸送機構と、推測されるERMES 複合体によるリン脂質輸送モデル
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ