プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EYグローバル・フォレンジック・データ・アナリティクス・サーベイ2018を発表

2018/01/31

EY Japan

EYグローバル・フォレンジック・データ・アナリティクス・サーベイ2018を発表
グローバル企業のEU一般データ保護規則「GDPR」対応に遅れ

・ 78%がデータ保護とデータプライバシーに関するコンプライアンスについて懸念
・ GDPR対応に向けた計画がある企業はいまだ33%にとどまる
・ ロボティクスやAIを含む高度なFDA技術の採用が今後12カ月間で増加

EYが1月31日に発行した、EYグローバル・フォレンジック・データ・アナリティクス(FDA)サーベイ2018によると、グローバル企業の78%がデータ保護と データプライバシーに関するコンプライアンスについて懸念を表明しており、規制強化の圧力はビジネスリーダーにとって最重要課題であることが判明しました。
3回目となるEY グローバルFDAサーベイ(2年に1回調査)では、19 カ国 745人の経営層の方々にご協力いただき、グローバル企業が直面する法的リスク、コンプライアンスリスク、不正リスクや、それらを管理するためのフォレンジック・データ・アナリティクスの活用状況を分析しました。

サーベイ結果では、2018年5月25日にEU一般データ保護規則(GDPR)が施行されるまで 4 カ月を切ったタイミングにも関わらず 、EU法を遵守する計画を立てているという回答は33%にとどまりました。地域別にみると、欧州では60%がGDPRに関するコンプライアンス計画を策定しているなど、ポジティブな回答の割合が多い一方で、アフリカおよび中東(27%) 、北・中・南米(13%) 、アジア・パシフィック(12%)を含む、 他の地域では十分な準備を行っている企業は少なく、まだ対応すべき事柄が多く残っていることがわかりました。

EYの不正調査、不正対策、コンプライアンス専門のサービスラインであるFraud Investigation & Dispute Services(以下、FIDS)のグローバルリーダーであるアンドリュー・ゴードンは、次のように述べています。「規制改革のスピードは依然として加速しており、GDPRなどのデータ保護法やデータプライバシー法の導入は、グローバル 企業 にとって大きなコンプライアンス上の課題となっています。一方で、FDAをすでに活用している企業は、より効果的なリスク管理が可能となり、あらゆるビジネスの透明性を高めるという大きなメリットを得ています。」

リスク管理を目的としたFDAの活用の増加

本サーベイによると、FDAへの平均年間支出は2016年比で51%増加しており、多くの経営層が、FDAが組織のガバナンス・プログラムに対し、価値およびメリットがあると強く感じています 。また、法務やコンプライアンス、不正リスクを管理するために、これまで使用していたベーシックなFDAツールではなく、 Robotic Process Automation (RPA)を活用した高度なFDA技術を採用していると回答した企業は14%に上りました。そして、今後12ヶ月以内に39%がRPAの活用を、次いで38%が人工知能( AI )の活用を前向きに検討していると回答しました。
データ保護およびデータプライバシー規制が 、FDAの構築または活用方法に大きな影響を及ぼすと回答した企業は42%に上りました。また、13%が現在FDAを活用してGDPRに関するコンプライアンスに対応していると回答し、半数以上(52%)が、どのFDAツールがGDPRに関するコンプライアンスに対応するために有用なのかを、現在精査していると答えています。

FDAの潜在能力を最大限に引き出す人材およびスキルへの投資

本サーベイでは、高度なFDAテクノロジーの活用拡大および投資は、スキルを持つ人材へのさらなる投資とともに行われる必要があることも述べています。自社の人材がFDA活用のための適切なスキルを有していると感じている企業はわずか13%で、適切なデータ分析およびデータサイエンスの専門知識を持っていると考えている企業は、12%にとどまりました。
「FDAを単なる技術として捉えるのではなく、その技術およびリスクを管理する際にどのように活用できるかを考える必要があります。 先進的なFDAへの投資額拡大を奨励する一方、リスクプロファイルを上手く管理するためには、企業は適切な人材を採用し、専門知識やデータ分析など、核となるスキルに投資する必要があります。 」とゴードンは述べています。

※本リリースの原文は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。
このニュースリリースは、EYGM Limited(EYGM Limited)によって発行されました。EYGM Limitedは、世界のEY組織の一員で、いかなるクライアントにもサービスを提供していません。

〈EYの不正対策・係争サポートについて〉
不正、法令遵守、ビジネス紛争の複雑な問題を扱うことは、成功への努力を損なう可能性があります。 不正リスクとコンプライアンス問題の管理は、規模や業種に関係なく、重要なビジネス上の優先事項です。世界中の約4,500の不正調査および紛争の専門家を抱え、EYは財務およびその他の調査を迅速かつ効果的に実施し、 電子的な証拠を収集および分析するために必要な分析的・技術的スキルを提供します。あなたと法律顧問と緊密に協力して、適切な専門分野の高度に連携したチームを組成し、あなたが世界のどこにいても、挑戦的な状況に客観的なアプローチと新たな視点をもたらします。一貫性のある方法論による丁寧なサービスが必要であることを理解しているため、幅広い分野の経験、深い知見、世界的な活動から得られた最新の洞察の恩恵を与えるよう努めています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ