プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

ニューズウィーク「グリーン・ランキング2017」不動産部門1位に選出

2018/01/30

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

■当社の環境経営が評価されました
ニューズウィーク「グリーン・ランキング2017」不動産部門1位に選出

 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、米国のビジネス誌「ニューズウィーク」が発表した「グリーン・ランキング2017」において、不動産部門で1位に選出されました。なお、評価対象のグローバル企業500社の中では35位に、日本企業60社の中では2位に選ばれました。(※)
 「グリーン・ランキング」は、「ニューズウィーク」がカナダのコーポレートナイツ社と協働で調査したもので、企業の公開情報から定量データを抽出し、企業活動が及ぼす環境への影響や環境マネジメントについて評価するものです。エネルギー消費量や温室効果ガスの排出量、廃棄物発生量といったデータとともに、環境に対しての企業姿勢やガバナンスなどの体制も考慮し、企業の環境配慮への取り組みを総合的に評価しています。
※2016年12月31日時点での世界の時価総額上位500社が対象。

●「ニューズウィーク グリーン・ランキング2017」
 http://www.newsweek.com/top-500-global-companies-green-rankings-2017-18

■当社の環境への取り組み
 当社グループでは、創業100周年(2055年)を見据え、環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」や中期経営計画に合わせた環境行動計画「エンドレス グリーン プログラム」を策定し、環境負荷ゼロに挑戦しています。2016年度から始まった「エンドレス グリーン プログラム2018」では、環境と企業収益の両立を目指し、「ライフサイクル思考に基づくグループ・グローバル一体での環境経営の推進」をコンセプトに環境への取り組みを加速しています。当社では、このような環境を含むESG情報を「サステナビリティレポート2017」としてまとめ、発行しています。
●サステナビリティレポート2017(2017年6月発行)
 http://www.daiwahouse.com/sustainable/csr/esg/csr_report/

 当社は今後も、環境と共生した住宅・建築・街づくりを通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ