プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

テニスコート設計・施工会社を子会社化

2018年1月29日

住友ゴム工業株式会社

テニスコート設計・施工会社を子会社化

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)は、テニスコート事業拡大のため、国内テニスコートの設計・施工会社であるスポーツサーフェス株式会社を子会社化することを、同社の株式を保有する同社代表取締役社長の羽鳥昇氏と合意していましたが、このたびすべての手続きを完了しました。
 スポーツサーフェス株式会社は、世界テニス4大大会の一つである全米オープンの会場にも採用されている、米国のテニス用ハードコート「DecoTurf(デコターフ)※1」の日本での独占販売・施工権を持つ会社です。ハードコート以外にも砂入り人工芝や照明施設、ネットフェンスなどの設計・販売・施工までテニスコートに関わる総合的なサービスを提供しています。
 当社は、1983年に日本で初めてテニス用砂入り人工芝「オムニコート」を販売し、30年以上にわたり多くのテニスプレーヤーとテニス施設関係者の皆様にご愛用いただいてきました。今回の子会社化により、砂入り人工芝に加え、世界標準のハードコートの設計・施工も提供できる体制となります。今後も日本のテニスプレー環境の整備に貢献するとともに、体育施設の事業拡大を進めてまいります。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801290354-O1-3JbQ9e7D
「DecoTurf」が採用されている「有明コロシアム」

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801290354-O2-ad2tbpQx

■「DecoTurf」概要
世界で多くの実績を誇るテニス用ハードコート。日本では「有明コロシアム・有明テニスの森※2」や各地の国体会場、有力大学で数多く採用されています。

■スポーツサーフェス株式会社 概要
所在地: (本社)東京都中央区 (大阪営業所)大阪府大阪市西区
事業内容: テニスコートの企画・設計・施工、関連商品の開発・販売
代表者: 代表取締役社長 羽鳥昇
    (1月29日をもって退任、松下裕臣が同日付けで代表取締役社長に就任)
資本金: 40百万円
主要商品:
  (テニス用ハードコート) 「DecoTurf」「DecoColor(デコカラー)」
  (テニス用砂入り人工芝)「GreenCourt(グリーンコート)」「RedCourt(レッドコート)」
  (防球ネット)        「CubeFence(キューブフェンス)」 他
従業員数: 21名(2018年1月1日現在)

※1 「DecoTurf」は米国ICP-Construction社の登録商標です。
※2 「有明コロシアム・有明テニスの森」のテニスコートは2019年7月まで改修工事中です。

「Deco Turf」が採用されている「有明コロシアム」
「Deco Turf」ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ