プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

イオンモール株式会社

「イオンモール常熟新区」出店決定

2018年1月26日

イオンモール株式会社

中国江蘇省・浙江省エリアにイオンモール6号店の出店決定(常熟市初出店)
「イオンモール常熟新区」出店および概要について

イオンモール株式会社(以下、当社)は、中国江蘇省蘇州市常熟市に「イオンモール常熟新区」
(以下、当モール)の出店を決定しましたので、以下の通りご案内いたします。
当社が初出店する常熟市(人口:約150万人)は、蘇州市に属する県級市※のひとつで、江蘇省
の南東部、上海市の西方に位置し、無錫・南通などの大都市に隣接しています。
当モールの出店地は、常熟市中心部より南へ約6km、常熟市政府が最も開発に注力している
高新技術産業開発区(国家級開発区)にあり、周辺は、住宅エリア、官庁エリア、文化エリア、
教育エリアなどの整備が進んでいます。また、開発区内の東西幹線道路である「東南大道」と常
熟と昆山を結ぶ幹線道路「常昆路」の交差地点に隣接するほか、出店地北方1kmに環状高架道
路(無料)の出入口、さらに西方1kmにも縦貫高架道路(無料)の出入口があり、広域からも
アクセスしやすい好立地です。※中国の行政区画の単位で「県」と同じ区分にある市
当社では、今後の成長と位置づける中国事業において、成長力の高い4つのエリアを重点エリ
アとして、積極的に出店を推進しています。これまでに、江蘇省・浙江省エリアでは、蘇州市に
3箇所のほか、南通市・杭州市に各1箇所の計5箇所にモールを展開しています。

■イオンモール常熟新区の開発コンセプト
「都市と自然の融合(Merge)」
豊かな自然と歴史・文化を感じられる街「常熟」にふさわしいモールを目指します

<イオンモール常熟新区の概要について>
・名称: (日本語)「イオンモール常熟新区」(じょうじゅくしんく)
(中国語)「永旺梦乐城常熟新区」(ChangShu XinQu)
・所在地: 中国江蘇省常熟高新技術開発区東南大道
・敷地面積: 約149,000㎡
・延床面積: 約181,000㎡
・総賃貸面積: 約 63,000㎡
・駐車台数: 約 3,700台
・開店予定: 2019年度

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ