プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

インド工科大学ハイデラバード校初の単位認定型 日本語・文化・職業訓練コースを開講

2018年1月26日

フォースバレー・コンシェルジュ株式会社

インドの高度IT人材を日本企業就職へと繋げる!
インド工科大学ハイデラバード校初の単位認定型
日本語・文化・職業訓練コースを開講

国境を越え世界中から優秀な人材をリクルーティングし、企業や大学・教育機関の人材獲得を支援するフォースバレー・コンシェルジュ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柴崎 洋平、以下:フォースバレー) は、インド工科大学ハイデラバード校にて、日本で就業する外国人材輩出のため、単位認定型の日本語・文化・職業訓練コース「Japanese Cross-Cultural Course」を開講いたします。

国内のIT・エレクトロニクス業界の深刻な人材不足を背景に、日本で就業を希望する高度IT人材を輩出するため、単位認定型の日本語や日本文化を学べる職業訓練コースをインド工科大学ハイデラバード校(以下IITハイデラバード)にて開講いたします。カリキュラムは日本語から日本文化、ビジネスマナー講座まで多彩。在インド日本大使館参事や日本企業の責任者等もゲストスピーカーとして登壇します。またコース初日は記念イベントとして日本の魅力を伝える「Japan Night」を開催いたします。受講生に限らず全学生が参加可能。就職活動中の学生のみならず、未来の就活生にも日本就職の魅力を伝え、日本への高度IT人材の就職活性化ネットワークを広げます。

開催の背景
近年、日印政府はIT人材分野における連携強化に向けた議論、検討を促進しており、平成25年には産業政策対話の枠組みであるIT・エレクトロニクスに関する日印合同作業部会(以下日印JWG)が発足されました。平成27年の第三回日印JWGでは民間人材企業として当社が唯一招聘され、調査および日本企業向けインドIT人材セミナーを実施いたしました。その後も在インド日本大使館のサポートを受け、「Japanese Cross-Cultural Course」開講に向けて協議し、本年より開講が実現いたしました。

授業概要
授業期間:2018年3月6日~3月16日
受講人数:約100名
講座数 :14コマ(1コマ60分)
開会式 :「Japan Night」3月6日

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ