プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

独立行政法人国際交流基金

国際交流基金アジアセンターと埼玉国際サッカーフェスティバル主催「埼玉国際サッカーフェスティバル」開催

2018/01/26

国際交流基金アジアセンター

国際交流基金アジアセンターと埼玉国際サッカーフェスティバルとの主催事業
サッカーの競技力向上と国際交流の深化を目指して
3月16日〜18日に「埼玉国際サッカーフェスティバル」を開催!

 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは埼玉国際サッカーフェスティバル実行委員会と、スポーツを通じた国際交流を広めることを目的とした埼玉国際サッカーフェスティバル2018を、3月16日(金)から18日(日)までの3日間の日程で共催いたします。

 2020年の「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」に向けて、サッカーの競技力の向上と国際交流の深化を目指し、本国際大会を実施することとなった次第です。大会中はタイから女子U18代表、オーストラリアから南オーストラリア州女子選抜チーム、ブラジルからパルメイラスU16ユースチーム、韓国から全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)モータースU16ユースチームをお招きし、埼玉県選抜の選手との間で熱い戦いが繰り広げられます。
 3月16日(金)には海外チームが埼玉県の高等学校の部活動を訪れ、華道、茶道などの日本文化を体験するほか、17日(土)には若いアスリートの国際交流を目的とした歓迎会を当基金日本語国際センターで開催します。

【日時】
3月15日(木) 海外チーム来日
3月16日(金) 国際交流事業
3月17日(土) リーグ戦(男子・女子 各4試合)海外チーム歓迎会
3月18日(日) リーグ戦(男女各2試合)表彰式
3月19日(月) 海外チーム離日

【参加チーム】
■男子・U-16
パルメイラス(ブラジル)
全北現代(チョンブク・ヒュンダイ)モータース(韓国)
埼玉県選抜A
埼玉県選抜B

■女子・U-18
タイ王国U-18女子代表チーム(タイ)
南オーストラリア州女子選抜チーム(オーストラリア)
ちふれASエルフェン埼玉マリU-18
埼玉県選抜

【競技会場】
浦和駒場スタジアム、レッズハートフルフィールド駒場、さいたま市八王子スポーツ施設

【歓迎会会場】
国際交流基金日本語国際センター(埼玉県さいたま市)

【主催】
国際交流基金アジアセンター、埼玉国際サッカーフェスティバル実行委員会

<国際交流基金アジアセンターとは> http://jfac.jp
独立行政法人国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、全世界を対象に総合的に国際文化交流事業を実施する日本で唯一の専門機関です。アジアセンターは2014年4月に設置され、ASEAN諸国を中心としたアジアの人々との双方向の交流事業を実施・支援しています。日本語教育、芸術・文化、スポーツ、市民交流、知的交流等さまざまな分野での交流や協働を通して、アジアにともに生きる隣人としての共感や共生の意識を育むことを目指しています。

昨年度の様子 ©埼玉県
昨年度の様子 ©埼玉県
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ