プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EY Japan

EYグローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)2017-18を発表

2018/1/26

EY Japan

EYグローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)2017-18を発表

・従業員と犯罪組織が最も差し迫った脅威として受けとめられている一方、モノのインターネット(IoT)が多種多様な脅威の源泉になってきている
・全体としてサイバーセキュリティへの支出は増加傾向が続いているものの、増加幅は小さい
・48%の回答者がまだSOCを設置しておらず、インシデント対応計画が万全であると回答したのは8%の回答者にとどまっている

EY Japanは、EYグローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)2017-18の調査結果を発表しました。今年で20回目を迎える本調査は、情報セキュリティに関する調査の中でももっとも歴史あるもののひとつです。

この20年間、サイバー攻撃の脅威は常に高度化し、姿を変え続けてきました。しかし、今日ほどその脅威に対して協調的で一貫性のある対応が差し迫って必要とされてきたことはありませんでした。それは、組織自身も、新しいテクノロジーの波が次から次へと押し寄せバリューチェーンの至る所に機会とリスクを伴いながら、ハイパー・コネクテッドな世界へ次第に進んでいるからです。モノのインターネットの成長によって押し上げられたこうしたコネクティビティの急拡大と、かつてないほどの多くの組織の大きなデジタル・フットプリントが揃ったことで、攻撃を仕掛ける側が付け入る新たな脆弱性を作り出したのです。

私たちは、このようなハイパー・コネクテッドな世界において大きく姿を変えつつある脅威に対し、どのように向かい合うべきでしょうか。

本調査では、59カ国の1,200近くもの組織にご協力いただき、私たちすべてが恩恵を受けられるインサイトを生むことを目的に、それら組織のCIO やCISO、その他経営層の回答を分析し、様々な強みと弱みを特定しました。経営者やセキュリティを担当される皆様には、今後のセキュリティリスクの動向やそれに対する対応を検討する上で、ぜひ本調査結果をご活用いただければと思います。

<掲載内容>
・サイバー脅威に立ち向かう
・脅威の全体像を把握する
・脅威の阻止
・緊急時対応:サイバー攻撃への対処

レポートの詳細につきましては、以下よりご覧ください。
https://www.eyjapan.jp/services/advisory/giss/
・「EYグローバル情報セキュリティサーベイ2017-18」(日本語)
・「EY Global Information Security Survey 2017-18」(英語)

本リリースは、以下EY Japanのウェブサイトからもご覧いただけます。
https://www.eyjapan.jp/newsroom/2018/2018-01-26.html

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EY Japanについて〉
EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社(2017年1月19日より)などから構成されており、各メンバーファームは法的に独立した法人です。

〈新日本有限責任監査法人について〉
新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスなどを提供しています。詳しくは、www.shinnihon.or.jp をご覧ください。

〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつ
グローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisory/ をご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ