プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

キッコーマン株式会社

まろやかなコクと甘み!「キッコーマン いつでも新鮮®しぼりたて生しょうゆ MILD(マイルド)」新発売!

1月25日

キッコーマン株式会社

まろやかなコクと甘み!
「キッコーマン いつでも新鮮®
しぼりたて生しょうゆ MILD(マイルド)」新発売!
~新開発!二重構造のPETボトル 「密封eco(エコ)ボトル」 入り~

キッコーマン食品株式会社は、2月5日より、コクと甘みがありまろやかな味わいの生しょうゆ「キッコーマン いつでも新鮮® しぼりたて生しょうゆ MILD(マイルド)」を全国で新発売します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801230172-O1-oMrn3luk

「キッコーマン いつでも新鮮® しぼりたて生しょうゆ MILD」は、コクのある“二段熟成”(*1)の生しょうゆと、深みのある甘さの“純米熟成黒みりん”(*2)をブレンドした、コクと甘みが特徴の生しょうゆです。

当社が実施した、しょうゆの味の嗜好に関する調査によりますと、「おいしいしょうゆの味とは」という質問に対し、「うま味がある」、「塩辛くない」という回答に続いて、「コクがある」、「甘みがある」、「まろやか・マイルド」という声が多くあげられました。また、“甘みのある味”を好む人の年代別の割合は、シニア層よりも若年層のほうが多いことや、“子供がいない家庭”より“子供がいる家庭”の方が甘みを好む傾向が高いことがわかりました。
このような嗜好の実態から、特に子供がいる家庭に向けて、マイルドで甘みのあるタイプの生しょうゆを開発しました。

マイルドな味わいで、つけ・かけのメニューでは素材本来の味を引き立てます。また、加熱調理では、豊かなコクと甘みでまろやかな味わいにまとめます。

容器は、PET(*3)素材を使った二重構造の「密封eco(エコ)ボトル」を新たに開発しました。
「キッコーマン いつでも新鮮®」シリーズの容器は、開栓後90日間、鮮度を保つ機能や、一滴から自在に調節できる使いやすさが特徴ですが、「密封ecoボトル」はこれらに加えて“環境への配慮”も兼ね備えた容器です。
ボトルに使用する素材を、“ポリエチレン”から“PET”に変更しました。これにより、1本当たりの樹脂の使用量を10%削減し、PETボトルとしてのリサイクルにも対応します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801230172-O2-y6x1Bt4j

「密封ecoボトル」は、新商品の「いつでも新鮮® しぼりたて生しょうゆMILD」450mlのほか、発売中の「いつでも新鮮® 超特選 極旨しょうゆ」450mlにも採用し、他のアイテムにも順次採用していく予定です。
密封ボトル入りのしょうゆ「いつでも新鮮®」シリーズは、全18種類24アイテムのラインアップとなります。

当社は、しょうゆの国内トップメーカーとして、これからもお客様のニーズにお応えした商品の開発に取り組んでまいります。

(*1)二段熟成
一般的なしょうゆは、大豆と小麦でつくった“しょうゆ麹”に食塩水を合わせて仕込みます。“二段熟成”では、食塩水の代わりに、一度発酵・熟成させてしぼった“生”のしょうゆを使用します。うま味が豊かで、コク深いしょうゆに仕上がります。

(*2)純米熟成黒みりん
米とアルコールだけで醸造した本みりんを、さらに数日間じっくり温度を上げて熟成させました。じっくり熟成することで、本みりんの中の糖とアミノ酸が反応して深みのある色になり、コクが豊かになります。「いつでも新鮮® しぼりたて生しょうゆMILD」の原料として特別につくった本みりんです。

(*3)PET
PETボトルの素材「ポリエチレンテレフタレート」の略。

※「いつでも新鮮」はキッコーマン株式会社の登録商標です。

                    記

1.品名及び内容量、価格
品名  キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆMILD(マイルド)
内容量 450mlボトル
希望小売価格 280円(1本あたり、消費税別)
※上記の希望小売価格は、あくまで参考価格で、小売業の自主的な価格設定をなんら拘束するものではありません。
2.発売日  2018年2月5日
3.販売地域 全 国
4.消費者お問い合わせ先 キッコーマンお客様相談センター TEL 0120-120358
                                     以上

いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆMILD(マイルド)
「密封ecoボトル」マーク
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ