プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーズ株式会社

降車後・輪行中のバッグ持て余し問題を解決。背負える2WAYパニアバッグ「サイドバックパック」発売。

2017/01/23

ビーズ株式会社

降車後や輪行中のバッグ持て余し問題を解決。
背負って快適に行動できる2WAYパニアバッグ
「サイドバックパック」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年1月23日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」の荷台・トレーラーシリーズ「KUUBO(クウボ)」より、ツーリングや輪行に出かけた際に生じる荷物の持ちにくさや取り扱いの不便さを、背負って解決する2WAYパニアバッグ「サイドバックパック」を発売します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801180012-O24-VbZRCED2

<必要だが降車後には持て余すパニアバッグ>
 前かごのないスポーツバイクにおいて、雨具・メンテナンス用具からキャンプ用品まで様々な荷物の積載を可能にするパニアバッグ(サイドバッグ)は、ツーリングや自転車キャンプなど長距離・長期間走行の際に用いられます。 しかし走行中は良くても、降車後の手持ちは面倒なもの。 とくに輪行を伴う場合、自転車を収納した輪行バッグを抱えた状態でさらにパニアバッグを持つ必要があるため、時には両手がふさがって運びにくく、持て余してしまうケースが見受けられました。

<パニアバッグ兼バックパックの2WAY仕様で、不便さを解消>
 快適に移動するには両手が空いた状態が最適との認識に基づき、DOPPELGANGER(R)は背負う機能の搭載を決定しました。 2WAY仕様にすることで、乗車時は自転車に装着できるので体に負担がかからず、汗ムレも解消。 降車後は背負えるので両手が空き、輪行バッグを持つ、切符を買うなど一連の動作をスムーズに行えます。 シーンに応じて使い方を選べるパニアバッグ「サイドバックパック」は、サイクリストが従来のバッグに感じるデメリットを、これひとつで全て解消します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801180012-O4-5UgNp1eP

<ビジネス仕様にも耐えうる、端正なルックス>
 通勤用デイパックとしても十分に使える端正なルックスは、上質な生地の選定や機能とデザインの両立が結実したもの。 これまでのスポーティーな雰囲気のパニアバッグや自転車用バックパックとは、一線を画したものに仕上がっています。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801180012-O22-0I53Jpp8

<磨き上げた機能を美しく見せる工夫>
 リアキャリアに取付可能なパニアバッグとしての機能を持ちつつ、ショルダーベルトを引き出せばバックパックとして使えるのが本製品の特長です。
 バックパックへの変形時に不要となるフックは、クッションを配した専用フラップに収納可能。 服へのダメージや、背中への干渉を軽減します。 ショルダーベルトも不要な時は収納できるので、キャリアに搭載し走行する場合にもホイールに巻き込む危険性もありません。 側面にオープンワイドファスナーを配置し、荷物を取り出す際は直接、内部にアクセスできる構造です。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801180012-O6-dyBV7hj5

 パニアバッグとして使用する場合、入り切らない荷物は標準付属のオーガナイザーとベルトで結束し固定すれば、リアキャリアのもう片方に積載可能。 荷物の偏重を是正し、走行時のふらつき防止に役立ちます。 オーガナイザーをキャリアとして利用しない場合は、バッグに収納してイヤホンや文房具、小物の収納に役立ちます。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801180012-O20-iE0Ri614

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】サイドバックパック
【型番:カラー】DBM400-GY:グラウ(グレー×オレンジ)
【サイズ】本体:W300×L(D)160×H400mm、オーガナイザー:W250×L(D)350mm
【重量】本体:(約)850g、オーガナイザー:(約)350g
【静止耐荷重】本体:7.5kg、オーガナイザー:7.5kg
【材質】表地:ポリエステル(1680D/300D)、裏地:PVCコーティング 
【付属品】オーガナイザー、ベルト6本、バッグ用レインカバー
【希望小売価格】6,000円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbm400/

降車後の荷物の持ちにくさを背負って解決する、2WAYパニアバッグ「サイドバックパック」発売。
「サイドバックパック」全容画像。
バックパックとして背負えば両手が空き、荷物の取り扱いや移動も楽に行えます。
ショルダーベルトを引き出せば、パニアバッグがバックパックに早変わり。
ショルダーベルトの展開フロー。
パニアバッグとして使用できるよう、本体背面にキャリア用フックが取り付けられています。
キャリア用フックの収納フロー。クッション付き専用フラップに収納すれば、背中が痛くなりません。
通勤通学や近所へのお出かけにも使いやすい、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。
上質な生地やデザインの採用により、男女・使用シーンを問わずお使いいただけます。
普段使いしやすい2WAY仕様とデザインが魅力のパニアバッグ「サイドバックパック」。
アウトドアギアや工具類などを携行する自転車キャンプの際は、パニアバッグとしての使用がお勧めです。
付属のオーガナイザーとベルトで荷物を結束し、積載した場合。
オーガナイザーの表と裏、結束した荷物の取り付け時および自転車への積載時の画像。
走行時は自転車に装着するパニアバッグとして使えば、汗ムレや体力消耗の軽減につながります。
バッグ上部を開閉しなくても、内部に直接アクセスして荷物を出し入れできます。
突然の降雨に見舞われても中身が濡れないよう、専用レインカバーが付属。
ツーリングなどロングライドに出かける際も、いつもの「サイドバックパック」で出かけられます。
スマートフォンやキーなど頻繁に出し入れする荷物の収納に便利なフロントポケット。
サイドにも小物が収納できるポケットを配置しています。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ