プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイキン工業株式会社

AI故障診断サービスを開始

2018年1月23日

ダイキン工業株式会社

人工知能(AI)を活用した自動応答チャットで、どこでも素早くお問い合わせができる
AI故障診断サービスを開始

ダイキン工業株式会社は、人工知能(AI)を活用した自動応答チャットボット技術(以下、AIチャットボット)を採用した故障診断サービスを、2018年1月23日より当社お客様サポートサイトページ(URL: http://www.daikincc.com/)にて開始します。

近年、スマートフォンなどモバイル端末の普及によって、時間や場所に関係なくWeb上で情報検索ができるようになってきたことから、空調製品の困りごとがあった場合も、問い合わせ窓口に電話をかける前にまずは自分自身でWeb上から情報を集めたい、というニーズが高まってきています。
このたび導入したAIチャットボットは、ユーザーがチャット画面上のトークで入力した質問内容を理解し、自動ですばやく最適な返答を行います。より早く、的確なサポート情報を、手軽に入手することができます。

第一弾として、夏場や冬場に最もお問い合わせの多い家庭用ルームエアコンの故障診断サービスを開始します。「運転しない」「冷えない」などのエアコンの不具合の症状について、画面上に表示する質問にユーザーが答えていくことで、故障の診断結果がわかります。サービスエンジニアの訪問が必要と診断された場合は、修理料金の目安が提示され、そのまま修理の申し込みをすることも可能です。
本サービスは、ユーザーの質問や回答内容を蓄積し、分析・学習を繰り返すことで、より適切な回答に向けて精度を向上していきます。また今後、家庭用ルームエアコンだけでなく、空気清浄機やエコキュートなど対象製品を拡大し、さらに故障診断以外のお問い合わせにも対応するなど、サービス範囲を順次拡充していく予定です。

当社はこれまで、ユーザーからのご相談は「ダイキンコンタクトセンター」が24時間365日体制で受け付け、商品の選び方から使い方、故障診断、修理の受付など様々なお問い合わせに対応してきました。オペレーターによる電話対応に加えて、今回のAIチャットボットなど時代に合わせたサービスも導入し、今後もユーザーの満足度向上に努めます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ