プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人立教学院

立教大学が被災地の市民向けシンポジウムを開催「高田から世界を考える~難民の世紀に生きる私たち~」

2017年1月18日

立教大学

立教大学が被災地の市民向けシンポジウムを開催
「高田から世界を考える~難民の世紀に生きる私たち~」

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)は、1月21日(日)、岩手県陸前高田市にて、シンポジウム「高田から世界を考える~難民の世紀に生きる私たち~」を開催します。本シンポジウムは、立教大学陸前高田サテライトが主催する地域の方々向けのプログラム「立教たかたコミュニティ大学」の1つとして開催されます。

東日本大震災からもうすぐ7年。陸前高田市や大船渡市を含めた被災地で支援活動を続けてきている国際NGO「AAR Japan難民を助ける会」の長有紀枝理事長と、国際NGO「JEN」の木山啓子代表理事を迎え、気仙地区の高校生4名と共に、現在の課題を共有し未来を語り合うことを通して、これからのまちづくり・人づくりについて考えます。

【開催概要】
「高田から世界を考える ~難民の世紀に生きる私たち~」
(1)日時:2018年1月21日(日)14:00~16:30(開場13:30)
(2)場所:陸前高田市コミュニティホール(〒029-2205 陸前高田市高田町字栃ケ沢201番地3)
(3)パネリスト:
 ・長 有紀枝
 (国際NGO「AAR Japan難民を助ける会」理事長、
  立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
 ・木山 啓子
 (国際NGO「JEN」代表理事、学校法人立教学院理事、立教大学法学部卒業)
 ・気仙地区高校生4名
  (高田高校、住田高校、大船渡高校、大船渡東高校から各1名)
(4)コメンテーター:
 ・村上 清
 (元国連職員、岩手大学学長特別補佐、陸前高田市参与、
  陸前高田グローバルキャンパス運営機構役員)
(5)主催:立教大学陸前高田サテライト
  共催:陸前高田グローバルキャンパス 
  後援:陸前高田市・陸前高田市教育委員会・UNHCR駐日事務所
(6)対象:一般 ※入場無料

長 有紀枝
木山 啓子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ