プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

滋賀県

滋賀県が舞台の映画「曇天に笑う」公開記念 原作者の唐々煙氏が滋賀県知事に原作特大屏風を贈呈

2018年1月14日

滋賀ロケーションオフィス
公益社団法人びわこビジターズビューロー

滋賀県が舞台の大ヒットコミック実写映画「曇天に笑う」公開記念
原作者の唐々煙氏が滋賀県知事に原作特大屏風を贈呈
  ~2月10日(土)からイルミネーションや特別展などコラボイベント開催~

 滋賀県は、1月14日(土)に大津アレックスシネマで行われた、滋賀県が舞台の大ヒットコミック実写映画「曇天に笑う」』(2018年3月21日公開)の舞台挨拶において、当作品の原作者である唐々煙氏からキャラクターが描かれた特大屏風の贈呈を受けました。
 舞台挨拶で、唐々煙氏は「映画は単純にかっこよかった。(曇神社のモデルとなった)大津の唐崎神社には子どものころに遊びに来ていて、それが作品の背景となっている。」と述べられ、滋賀県三日月大造知事に8枚の特大屏風を贈呈されました。
屏風を受け取った三日月大造滋賀県知事は「日吉大社や琵琶湖など、作品にも登場する滋賀の情景を楽しんでもらえるように、滋賀県として大いに盛り上げていきたい。」と述べ、映画を活用した観光施策の推進を意気込みました。
 また、映画「曇天に笑う」監督の本広克行氏は「滋賀県では本作以外にも撮影したことがあり、顔なじみも多くなっていて非常に撮影しやすいところ。『曇天に笑う』では、琵琶湖岸で現代物のないシーンを撮影するのに、地元の方に協力いただいたことが印象に残っている。」と語りました。
 今後、唐々煙氏より贈呈された屏風絵は、2月10日(土)から28日(水)まで滋賀県内で開催のイルミネーションイベント「びわ湖灯り絵巻~虹色イルミネーション~」の会場付近に展示します。
また、映画公開記念に「びわ湖灯り絵巻~虹色イルミネーション~」は映画「曇天に笑う」とコラボし、特別展やスタンプラリー、フード企画「天丼に笑う」を併せて開催します。

■「びわ湖灯り絵巻~虹色イルミネーション~」
日時:平成30年2月10日(土)~14日(火)
会場:大津(2会場)・草津・甲賀信楽・近江八幡・東近江奥永源寺、彦根・長浜・高島の
         9会場で開催
内容:・地域ごとに趣向を凝らしたイルミネーションを展開します
         ・灯篭を模した「びわ湖の灯り」を実施します
         ・「びわ湖灯り×曇天に笑う灯篭シート」(灯篭に巻くシート)を作成し、
            来場者に願い事を書いてもらい、開催期間中点灯します

■映画「曇天に笑う」コラボ企画
日時:平成30年2月10日(土)~28日(水)
会場:びわ湖灯り絵巻開催9会場付近
内容:①映画「曇天に笑う」特別展
         特大屏風や、映画の衣装・小道具、実写等身大のパネルなどを展示。
         滋賀の伝統工芸「高島扇骨」と「大津の草木染の組紐」で再現した主人公
       「天火」の鉄扇も展示します。
         ②映画「曇天に笑う」スタンプラリー
       「曇天に笑う」オリジナルのスタンプと台紙を使ったスタンプラリーを開催。
         県内各会場を周遊してスタンプを集めると、
       「曇天に笑う」オリジナル賞品や映画招待券、「滋賀のええもん」が抽選で当たります。
         ③フード企画「天丼に笑う」
         各会場付近で、地域の特色を活かした「天丼」が食べられます。
         URL:https://www.biwako-visitors.jp/news/detail/6158?p=1

■映画「曇天に笑う」
人気コミック「曇天に笑う」が遂に映画化!監督は『踊る大捜査線』シリーズ、『亜人』などを手掛けたエンターテイメント作品の名手・本広克行。主演・福士蒼汰をはじめ、個性豊かで旬な若手俳優たちが、今までに見たことにない体当たりの演技に挑戦。仲間や家族の絆を守り、自らの使命を貫く姿を力強く演じきった。サカナクションのアッパーな主題歌も世界観を鮮やかに彩り、観客も思わず胸が熱くなる最強のエンターテイメント作品がここに誕生する!

出演:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之
原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
監督:本広克行  脚本:高橋悠也  音楽:菅野祐悟
主題歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント)
©2018映画「曇天に笑う」製作委員会 ©唐々煙/マッグガーデン
URL:https://www.donten-movie.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ