プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社サンゲツ

新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1/25に発刊

2018/1/11

株式会社サンゲツ

空間を上質に彩る、日本の伝統技術とグローバルデザインを集結
新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1/25に発刊

株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は、宿泊・商業施設をはじめ高級住宅などでのニーズに応える壁装材の新作見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1月25日(木)に発刊します。和紙や織物など日本の伝統工芸を取り入れ、近年のインバウンド需要にも対応する“本物素材”のほか、意匠性の高いグローバルブランドを含む294柄602点のアイテムを収録したプレミアムな壁紙コレクションです。

●「2018-2020エクセレクト」の概要

①「SHITSURAHI」(室礼)※2015年度グッドデザイン賞受賞(一部商品を除く)
日本の伝統技術から生まれた和素材アイテムを素材ごとに分類し、7つのカテゴリで紹介。箔や和紙、珪藻土など”本物素材”を拡充しました。また、天然木を最新技術で薄くスライスし、不燃認定壁紙に加工した新商品「WILL WOOD(R)」を収録するなど、伝統意匠と現代技術を融合した最高品質の壁紙コレクションです。

②「BRAND SELECTION」(ブランド セレクション)
世界的にも意匠性の評価が高い「ARMANI/CASA」や「ELITIS」など、10種の国内外のブランドを展開。全点が、建築基準法で内装仕上げの使用制限を受けない「F☆☆☆☆」を取得。また、ほとんどの商品で「準不燃認定」を取得するなど、日本の内装制限にも適応し、空間づくりの可能性を広げます。

③「INSPIRED MATERIALS」(インスパイアード マテリアル)
ホテルやブライダルなどのラグジュアリーな施設からアミューズメント施設まで、高級感が求められるシーンで役立つような、個性的なアレンジが施された壁紙を紹介。起毛した生地にブラッシング加工を施した新素材壁紙「ファー」のほか、輝度の高い「メタリック」や「スパンコール」を拡充しました。

④「SPECIFIC SOLUTIONS」(特殊商品)
アンモニアや酢酸の放出を抑え、適切な展示環境を保つ「美術館・博物館仕様織物壁紙」を収録。また、オリジナルのデザインを高度な技術で表現できるデジタルプリント「HIGH GRAFICA」など、付加価値の高いアイテムを取り揃え、多様なニーズに対応します。

同見本帳は、設計事務所や建設会社、工務店などでご覧いただけるほか、サンゲツウェブサイト内のオンラインおよびPDFカタログでも発売と同時に公開します。なお、ハードウォール、掲示板クロスのシリーズは、後日、別途単冊カタログを発刊します。

○SGB-110 mist 施工例 「サンゲツ壁紙デザインアワード2017」大賞受賞作品 山田茂作
○SGB-102 施工例 モダンな空間を演出する、創作織物
○SGA-583 施工例 新ブランド[EDA(English Design Agency)]
○SGB-535 施工例 [ELITIS]エッジの効いたデザインと色彩表現が魅力の先進的なクリエイターズブランド
○SGB-704 施工例 新素材壁紙「ファー」で、個性引き立つインテリアシーンを表現
○SGA-744 施工例 華やかな輝きで、ラグジュアリーなイメージを提案
○「2018-2020エクセレクト」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ