プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」 Vol.32

2018年1月5日

大分県豊後高田市

「全力すぎる 大分県豊後高田市」 Vol.32
第6回「住みたい田舎」ベストランキングで
総合2位(10万人未満)に輝く

大分県豊後高田市がリリースする「全力すぎる 大分県豊後高田市」Vol.32です。
豊後高田市の魅力満載情報を全力でお届けします。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【Contents】
  ■「第6回『住みたい田舎』ベストランキング(10万人未満)」で総合2位に
  ■豊後高田市空き家見学プログラム参加者募集
  ■新年を祝う伝統行事ホーランエンヤ
  ■全力発展中な豊後高田市
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【■「第6回『住みたい田舎』ベストランキング(10万人未満)」で総合2位に】
 宝島社『田舎暮らしの本』2018年2月号(2018年1月4日発売)の特集「住みたい田舎ベストランキング」において、大分県豊後高田市が人口10万人未満の市町村のうち、総合2位、若者世代部門3位、シニア世代部門3位、子育て世代部門5位に選ばれました。
 このランキングは、全国の市町村を対象に宝島社が独自のアンケートを実施した結果により決定されたものです。また、今回から「人口10万人未満」「人口10万人以上」に分けてランキングされています。
 豊後高田市は、このランキングで初代1位を獲得しており、その後もベスト3以内のランクインを続けています。

 また、こうした高い評価は人口の社会増減にも表れており、市内全域が過疎地域に指定されている人口約23,000人の小さな市でありながら、平成26年から4年連続で社会増を達成しています。(直近の平成29年は94人の社会増)

 豊後高田市では、空き家バンクをはじめとした、様々な移住支援の取組を行っています。
 詳細は下記の特設サイトをご覧ください。

▼豊後高田市IJU(いじゅう)支援サイト
https://bungotakada-iju.jp/public/

▼宝島社「田舎暮らしの本」
http://tkj.jp/inaka/

【■豊後高田市空き家見学プログラム参加者募集】
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801059595-O1-15MQTg2q
 今年度、豊後高田市では、移住を検討されている方向けに、1日で8軒程度の空き家を見学できる「豊後高田市空き家見学プログラム」を3回予定しています。
 3回目は、1月10日(木)の「豊後高田市移住の日」を記念して、1月14日(日)に開催します。
<概要>
 ■開催日   1月14日(日)
   ■募集人数  20名先着順(1家族4名まで)
 ■参加資格  豊後高田市への移住をお考えの方で全行程に参加可能な方
 ■参加費用  無料(集合場所までの交通費、昼食代は各自の負担となります。)
 ■申込期限  1月10日(水)
 ■申込先   豊後高田市地域活力創造課
        電話:0978-25-6392 FAX:0978-22-2725
        電子メール:katuryoku@city.bungotakada.lg.jp

 ▼詳細情報
 http://www.city.bungotakada.oita.jp/news/detail/551

<1月10日は「豊後高田市移住の日」>
 豊後高田市では、様々な移住定住施策を積極的に進めており、この取り組みを全市民と共有し、移住定住地として発展していくために、1月10日(1イ10ジュウ)を「豊後高田市移住の日」として、一般社団法人日本記念日協会から記念日に認定されています。

【■新年を祝う伝統行事ホーランエンヤ】
 大分県豊後高田市で、江戸時代から続く新年の伝統行事「ホーランエンヤ」(大分県選択無形民俗文化財)が、1月7日(日)に開催されます。
 豊後高田市は江戸時代に島原藩の領地で、年貢米を船で献上していました。ホーランエンヤは、その航海の安全と豊漁を祈願して始まったといわれています。

 当日は、色鮮やかな大漁旗や万国旗などで華やかに飾られた宝来船に、"漕ぎ手"の締め込み姿の若者をはじめ、"囃子方(はやしかた)"、"踊り方"が乗り込み、「ホーランエンヤ エンヤサノサッサ」と掛け声をあげながら、桂川河口にある琴平宮から1kmほど上流にある若宮八幡社を目指します。

 途中、川岸の観客から祝儀が差し出される度に、漕ぎ手の若者が寒中の川に飛び込み、勇ましく泳いで受け取りに行く場面が見どころです。また、宝来船は岸に近づくと、沿岸の観客めがけて紅白の祝い餅を撒きます。祝い餅には1年の福が宿るとされており、観客は新春の福をつかもうと懸命に手を伸ばします。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801059595-O2-2IyU9ar7

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801059595-O3-w5sv2K8f

<スケジュール>
 ■開催日  1月7日(日)
 ■出船   12時20分 桂川(えびす橋付近係留所)
 ■餅まき  13時10分 旧市役所前

 ▼ホーランエンヤ
http://www.city.bungotakada.oita.jp/events/detail/357

<お問い合わせ>
 豊後高田市商工観光課
 電話番号:0978-22-3100

【■全力発展中な豊後高田市】
 豊後高田市は、平成27年3月31日に新市誕生10周年を迎え、新たなブランドコンセプトとして「全力発展中 豊後高田市」を掲げ、ブランドマークを制定しました。
 このブランドマークは、まちが全力で挑んでいく「熱気や情熱」を表現しています。
 豊後高田市は、市民一人ひとりが何事にも「全力」で取り組み、「夢をかたちに 未来に光り続けるまち」の実現に向けて全力で発展し続けます。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801059595-O4-lsOY9Y2z

空き家見学プログラム
ホーランエンヤ1
ホーランエンヤ2
全力発展中ブランドマーク
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ