プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社キョードーメディアス

演劇「ハイキュー!!」2018年秋、新作公演決定! 秋公演をもって、烏野キャスト卒業!

2018年1月4日

(株)キョードーメディアス

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
2018年秋、新作公演決定!
秋公演をもって、烏野キャスト卒業!

コミックスシリーズ累計発行部数2,700万部を超える古舘春一の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化したハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」。
2015年11月の初演から、2016年4月の再演〝頂の景色〞、同年10月の〝烏野、復活!〞、2017年3月の〝勝者と敗者〞、2017年9月の〝進化の夏〞そして2018年4月からは新作公演〝はじまりの巨人〞を控える人気シリーズ。
これまで全シリーズ全国の映画館にて大千秋楽ライブビューイングを開催。また、演劇の枠にとどまらず、2017年4月には『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」展』を約1ヶ月間開催するなど、常に新しいことにチャレンジし続けている。

今回、春公演〝はじまりの巨人〞を前に、主人公・日向翔陽役の須賀健太のビジュアルと共に早くも秋公演の上演決定と、物語の主役校である烏野高校排球部のキャストが秋公演で卒業することが発表された!
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712289485-O1-8A722NH6

烏野高校のキャストの多くは、初演からこの作品に参加し、作品と共に進化をし続けてきた。そんな彼らを代表し、日向翔陽を演じ、さらに座長として演劇「ハイキュー!!」を初演から牽引し続けている須賀健太、そしてクリエイターを代表して演出・脚本を担当するウォーリー木下から、この2018年烏野キャスト卒業発表に際してコメントが届いた。

演出・脚本 ウォーリー木下
はじまりがあればおわりがある。わかってるけど寂しさしかない。
劇団「ハイキュー!!」と自然発生的に呼ばれ始めたときは嬉しかったな。最初は「バレーボールをどうやって演劇でやるの?」ってところばかり着眼されてて、でも途中から「次はいったい何をするの?」ってところでみんながわくわくしてて、それの連続だった。この3年は自分にとって「演劇って楽しい」「バレーボールって楽しい」ってことしかなかった。それはもうみんなのおかげだ。烏野高校排球部。彼らが創った演劇「ハイキュー!!」のヤバイところを挙げろと言われたら何時間でも語れる。だからもしもまだ観てないのなら絶対に観て欲しい。観ればわかる。こいつらホントにすごいんだ。演劇バカ。こんなにやってて魂が震える稽古場はないよ。褒めすぎかもしれないけど、今は愛しかない。さ、走り抜けよう。青春のように。

日向翔陽役 須賀健太
演劇「ハイキュー!!」が始まり、烏野高校排球部に入部してから早いもので3年!
年数としては実際の高校生活を1回分体験したことになります。
だからこそこのタイミングでの卒業というのも何か運命的なものを感じたり…
正直まだまだ実感はありませんが…笑

『新しい演劇をつくる!』を掲げて、ここまで汗をかいて走って来た演劇「ハイキュー!!」です。
最後まで"上を見上げて"突っ走って行けたらと思います。
応援のほどよろしくお願いします!

<2018年春公演概要>
タイトル:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左 HIDALI
共同脚本:入江おろぱ

<公演期間・劇場>
東京:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 日本青年館ホール
兵庫:2018年5月12日(土)~13日(日)  あましんアルカイックホール
福岡:2018年5月18日(金)~20日(日)  福岡国際会議場 3Fメインホール
宮城:2018年5月25日(金)~27日(日)  多賀城市民会館 大ホール
大阪:2018年6月1日(金)~3日(日)    オリックス劇場
東京凱旋:2018年6月8日(金)~17日(日) TOKYO DOME CITY HALL

<チケット情報> 
一般発売日 2018年3月25日(日)10:00
東京・兵庫・東京凱旋公演 S席:8,800円 A席:6,800円(全席指定・税込)
福岡・宮城公演        8,800円(全席指定・税込)
大阪公演                     S席:8,800円 A席:6,800円 B席:4,800円(全席指定・税込)

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337(全日10:00~18:00)

<公演に関するお問い合わせ>
ネルケプランニング TEL:03-3715-5624(平日11:00~18:00)

<公式HP>
http://www.engeki-haikyu.com/

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712289485-O2-YM5djVnD
<キャスト>
■烏野高校
日向翔陽  須賀健太(スガ・ケンタ)/
影山飛雄   影山達也(カゲヤマ・タツヤ)/
月島 蛍  小坂涼太郎(コサカ・リョウタロウ)
山口 忠  三浦海里(ミウラ・カイリ)
田中龍之介  塩田康平(シオタ・コウヘイ)
西谷 夕  渕野右登(フチノ・ユウト)
縁下 力  川原一馬(カワハラ・カズマ)
澤村大地  田中啓太(タナカ・ケイタ)
菅原孝支  田中尚輝(タナカ・ナオキ)
東峰 旭  冨森ジャスティン(トミモリ・ジャスティン)/

■条善寺高校
照島遊児  船木政秀(フナキ・マサヒデ)
母畑和馬  森永彩斗(モリナガ・アヤト)
二岐丈春  鈴木遥太(スズキ・ヨウタ)
沼尻凛太郎 荒田至法(アラタ・シホウ)
飯坂信義  安川集治(ヤスカワ・アイジ)
土湯 新  松原 凛(マツバラ・リン)/

■和久谷南高校
中島 猛  柳原 凛(ヤナギハラ・リン)
川渡瞬己  正田尚大(マサダ・ナオヒロ)
白石優希  木村優良(キムラ・マサタカ)
花山一雅  Goku(ゴクウ)
鳴子哲平  本川翔太(モトカワ・ショウタ)
秋保和光  蓮井佑麻(ハスイ・ユウマ)/

■白鳥沢学園高校
牛島若利  有田賢史(アリタ・ケンジ)/

■音駒高校
孤爪研磨  永田崇人(ナガタ・タカト)
黒尾鉄朗  近藤頌利(コンドウ・ショウリ)/

■梟谷学園高校
木兎光太郎 吉本恒生(ヨシモト・コウキ)
赤葦京治  髙﨑俊吾(タカサキ・シュンゴ)/

■烏野高校 OB・OG
嶋田 誠  山口賢人(ヤマグチ・ケント)/
田中冴子  佐達ももこ(サダチ・モモコ)/

■烏野高校 マネージャー
清水潔子  長尾寧音(ナガオ・シズネ)
谷地仁花  斎藤亜美(サイトウ・アミ)/

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄   内田 滋(ウチダ・シゲ)
烏養繋心   林 剛史(ハヤシ・ツヨシ)
———————————————————————————-

【協賛】ファミリーマート

【主催】
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)
■Story
幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。
しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・
影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。
インターハイ予選で惜敗した烏野は春高出場を目標に夏の東京合宿で各々進化を遂げた。
春高予選を目前にした日向と影山は、白鳥沢学園高校の超高校級エース・牛島若利と遭遇する。
絶対王者・白鳥沢を倒さなければ全国出場は果たせない。
そして、いよいよ始まる春高予選。変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、和久谷南高校との次世代〝小さな巨人〟対決!!

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。
3度のボレーで攻撃へと〝繋ぐ〟球技、バレーボール。

再び全国の舞台を目指して、熱戦、開幕!

■ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」とは
集英社「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の古舘春一による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した作品。
これまで2015年11月の初演から2017年9月の〝進化の夏〞まで、シリーズ4作品を上演し、毎回各地で熱狂を巻き起こしている。また2017年4月には演劇の枠を超え、約1カ月におよぶ単独の展示会を実施。
新作〝はじまりの巨人〞では、シリーズ最多のキャスト数で全国5都市にて上演!
熱狂!興奮!感動!演劇「ハイキュー!!」は止まらない!

<2018年秋公演概要>
◆ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」2018年秋公演
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下 

出演:須賀健太/影山達也/小坂涼太郎 三浦海里 塩田康平 渕野右登 川原一馬
     田中啓太 田中尚輝 冨森ジャスティン ほか

【主催】
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

詳細は決定次第発表します。

©︎古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

©︎古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
©︎古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ