プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

より最後まで使える長持ちタイヤDUNLOP「エナセーブ EC204」新発売

2017年12月25日

住友ゴム工業株式会社

より最後まで使える長持ちタイヤ
DUNLOP(ダンロップ)「エナセーブ EC(イーシー)204(ニーマルヨン)」新発売

 住友ゴム工業㈱(社長:池田育嗣)は、耐偏摩耗性能と耐摩耗性能を向上し、「より最後まで使える長持ち」を実現した、DUNLOP「エナセーブ EC204」を2018年2月から順次発売します。発売サイズは65サイズ、価格はオープン価格です。

 DUNLOP「エナセーブ EC204」はお客様にタイヤをより最後まで使える満足感を感じて頂きたいという思いから開発された商品です。非対称パターンの採用によりトレッド部※1のアウト側のブロック剛性を高めるとともに、新プロファイルの採用でタイヤの接地圧を均一化しました。これにより、耐偏摩耗性能を16%向上させています※2。またランド比※3をアップさせ、タイヤの接地面積を増加させることで接地圧を分散し耐摩耗性能を4%向上させています※2。
※1 タイヤが路面と接触する部分
※2 従来品「エナセーブEC203」との比較
※3 タイヤのトレッド面に占めるブロック面積の比率

         <4リブパターン>          <5リブパターン>
         タイヤ幅205以下           タイヤ幅215以上
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712229358-O1-39VZI6hy 】      【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712229358-O2-zu4s0319

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712229358-O3-8CMJ0EvI

■特長
 トータルライフ(耐偏摩耗性能+耐摩耗性能)が向上し、全ての溝がより均一に残ることでタイヤ本来のライフ性能が発揮され、無駄なく長持ちさせることができます。
 
○耐偏摩耗性能を16%向上
(1)「非対称パターン」の採用
 非対称パターンを採用し、偏摩耗しやすいアウト側の剛性を高め、ゴムをよれにくくすることで耐偏摩耗性能を向上させました。

(2)新プロファイルの採用
 丸い接地形状の新プロファイルを採用し、直進時、カーブ時ともにタイヤのアウト側にかかる接地圧を均一化し、耐偏摩耗性能を向上させました。

○耐摩耗性能を4%向上
(1)ランド比アップ
 トレッド部のランド比を高めることでタイヤの接地面積を増加させました。接地圧を分散することで摩耗を抑制し、耐摩耗性能を向上させました。

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

<4リブパターン>
<5リブパターン>
EC204ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ