プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社コムデザイン

株式会社U-NEXTマーケティングのAIコンシェルジュ事業とCTIのクラウドサービスで連携機能を提供開始

2017年12月21日

株式会社コムデザイン

株式会社コムデザイン 株式会社U-NEXTマーケティングのAIコンシェルジュ事業と、CTIのクラウドサービスで連携機能を提供開始

クラウド型CTI「CT-e1/SaaS」を月額サービスで提供する株式会社コムデザイン(東京都千代田区麹町、代表取締役社長:寺尾憲二)は、株式会社U-NEXTマーケティング(本社:東京都渋谷区神宮前、代表取締役:溝辺和広、以下U-NEXTマーケティング)が提供するAIロボットサービス『AIコンシェルジュ』との連携機能の提供を開始します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712209300-O1-89ECr5Zu

U-NEXTマーケティングの提供する『AIコンシェルジュ』は、企業での問い合わせ対応や申し込み受付(受注)、販売などの業務をAIロボットが行うサービスです。
コンタクトセンターへの問い合わせを「CT-e1/SaaS」がコールフローに応じて「AIコンシェルジュ」に連携させ、問い合わせ内容に対して、自動で適切な回答を人工音声にて返答します。
これにより、人的コストをかけることなく応対時間、待ち時間の短縮ができます。
また、AIロボットだからこそ24時間365日対応や多言語対応も可能となり、従来にはないコンタクトセンター運営を実現できます。

「AIコンシェルジュ」による回答のみでは解決できない問い合わせに対しては、「CT-e1/SaaS」から改めてオペレーターに問い合わせを分配することができるため、対人による応対を求める顧客の満足度を低下させる心配がありません。

コンタクトセンターに求められる、コスト削減と顧客満足度の維持、向上という要件に対して、AIソリューションの活用は今後ますます重要になっていくことが予想されます。
「AIコンシェルジュ」と「CT-e1/SaaS」の連携は、そういった次世代型コンタクトセンターの要求にこたえる先進的な事例となります。

弊社「CT-e1/SaaS」は、CTIが担うコンタクトセンターのハブ機能として、優れたAIソリューションとマッシュアップし、効率的でかつエンドユーザーに喜ばれるコンタクトセンター構築をサポートします。

「CT-e1/SaaS」と「AIコンシェルジュ」の連携イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ