プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

2018年1月、電通総研が新しいミッションのもと船出

2017年12月20日

株式会社 電 通

2018年1月、電通総研が新しいミッションのもと船出

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)の社内シンクタンク電通総研(所長:丸岡 吉人)は、2018年1月から「よい社会づくりに貢献するために、コミュニケーションとマーケティングの領域で安全な議論の場を提供すること」を新しいミッションとして掲げ、船出いたします。

 新生「電通総研」は、客観的な正解がない現代社会の問題を解決するには、関係者が集まって状況を理解し、課題を共有した上で議論を尽くす必要があるものの、今はそのような場が不足していると考えました。
 そこで、社内メンバーおよび外部の有識者計15名を電通総研フェローとして選任し、彼らによる自由闊達な意見交換の場を設定することで、社会が抱える諸問題の解決に貢献していくことを目指します。議論の成果は、フェロー自身による情報発信や提言、実践に反映されるほか、電通総研主催のシンポジウムなどを通して公表していく予定です。

 主な活動テーマは、「よい社会におけるメディアの信頼性と社会的役割」と「人口減少社会におけるマーケティング活動と企業活動のあり方」です。

新生「電通総研」の概要は次のとおりです。

1. 組織名称:電通総研(英文名称:Dentsu Institute)
2. 主な活動テーマ
 ・よい社会におけるメディアの信頼性と社会的役割
 ・人口減少社会におけるマーケティング活動と企業活動のあり方
3. フェロー(五十音順)
 ・有園(ありぞの) 雄一(ゆういち)   (zonari合同会社 代表執行役社長/株式会社電通デジタル 客員エグゼクティブコンサルタント)
 ・今田(いまだ) 素子(もとこ)  (株式会社インフォバーン 代表取締役CEO・ファウンダー)
 ・氏家(うじいえ) 夏彦(なつひこ)   (メディアコンサルタント/放送批評懇談会「GALAC」編集委員/元TBSメディア総合研究所 代表取締役社長)
 ・岡本(おかもと) 泰(やす)治(はる)  (株式会社ディレクタス 代表取締役)
 ・奥(おく) 律哉((りつや)    (株式会社電通 電通メディアイノベーションラボ 統括責任者)
 ・倉成(くらなり) 英俊(ひでとし)  (株式会社電通 電通Bチーム クリエーティブディレクター)
 ・境(さかい) 治(おさむ) (コピーライター/メディアコンサルタント)
 ・佐々木(ささき) 俊尚(としなお)(作家/ジャーナリスト)
 ・柴内(しばない) 康文(やすふみ)  (東京経済大学 コミュニケーション学部 教授)
 ・末松(すえまつ)(神原(かんばら))弥奈子(みなこ)(株式会社ニューズ・ツー・ユー ホールディングス 代表取締役社長)
 ・徳力(とくりき) 基彦(もとひこ)  (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 取締役CMO/ブロガー)
 ・並河(なみかわ) 進(すすむ)   (株式会社電通デジタル 執行役員 共同チーフクリエーティブオフィサー)
 ・深田(ふかだ) 欧介(おうすけ)  (株式会社電通デジタル マーケティングコミュニケーションプランナー)
 ・丸岡(まるおか) 吉人(よしと)  (電通総研 所長)
 ・村上(むらかみ) 憲郎(のりお)  (元Google 米国本社副社長)
 
 以 上

【本件に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
        小川、渓 TEL:03-6216-8041

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ