プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人同志社 同志社大学

文化庁地域創生本部、同志社大と初の協定締結!

2017年12月18日

学校法人同志社 同志社大学

文化庁地域創生本部、同志社大と初の協定締結!

12月17日同志社大学今出川キャンパスにおいて文化庁地域文化創生本部(本部長:文化庁長官 宮田 亮平)と同志社大学(学長:松岡 敬)の研究交流に関する包括協定の調印式が行われました。
今年11月に文化庁が「文化庁と大学・研究機関等との共同研究事業」を公募し、同志社大学創造経済研究センターが第一号として採択されました。12月6日に本学にてキックオフシンポジウムが行われ、共同研究が開始されています。この共同研究の実施を契機に、今後の更なる連携強化を目指し、包括協定を締結することになりました。本協定により、今後文化庁地域文化創生本部と同志社大学が相互の人的、知的、物的資源の交流と活用を図り、研究に関わる交流や情報交換を促進させていくことになります。
文化庁の宮田長官は「文化庁と大学・研究機関等との共同研究事業の第一号として、移転先である京都市に本部を置く同志社大学と共同研究に至ったことを喜ばしく思う。大学との共同研究の実施及び包括協定の締結は文化庁として初めての取組みであり、今後もさらに同志社大学と研究・教育の連携協力を進めていきたい。」と述べ、松岡学長は「文化庁地域文化創生本部と同志社大学の間で研究交流に関する包括協定の締結ができたことは非常に意義があり、感謝したい。この協定により共同研究はもちろん、研究成果を教育に還元し将来の文化政策を推進する人材の育成に努めたい」と述べました。
なお、文化庁がこのような包括協定を大学と締結するのは初めてとなります。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712189184-O2-b7e2P9mX
宮田文化庁長官と松岡同志社大学長

宮田文化庁長官と松岡同志社大学長
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ