プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーズ株式会社

流行のファッションと、スケートボードを運びやすくするアイデアの融合。スケーター専用バッグ2種発売。

2017/12/18

ビーズ株式会社

流行のファッションと、スケートボードを運びやすくするアイデアの融合。
スケーター専用バックパックとサコッシュバッグを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年12月18日、同社ストリートスポーツブランド「DUB STACK(R)(ダブスタック)」より、流行のファッションを取り入れ、持ち運びにくいスケートボードの運搬を楽におこなえるアイデアを備えた「スケートボードバックパック」「スケートボードサコッシュバッグ」を発売します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149089-O1-DV5N8op4

<スケートボード バックパック DSA-15>
 スケートボードを持ち運べるよう、バッグ外側にベルトが2本取り付けられているスケートボード用バックパック。 近年スケーターだけでなく、スケートボードに乗らない人にも広く使われるファッションアイテムとして定着しつつあります。
 今回「スケートボード バックパック」の開発にあたり、単純なバックパックに留めるのではなく、スケーターが使うことを想定した作りに仕上げることを決定。 スケートシーンにおける使い勝手を徹底的に追求し、スケーターのニーズに応えるバックパックに仕上げました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149089-O2-8eYN48fD

 スケートボードをバッグ外側に固定できる従来製品の機能は維持しながら、昨今のバッグの開閉口として人気のロールトップスタイルを採用。 内容に応じて拡張できるように設計しました。 これにより、バッグ内部にもスケートボードが収められ、ショートボードとクルーザーといったタイプの異なるスケートボード2枚を同時に運搬することが可能になります。
 その他にも、スケートシーンを撮影したり、現場で映像を編集したりするクリエーターにも配慮したPC収納庫や、ヘルメットをバッグ外側に固定できるヘルメットフックを採用。 また一般的なスケートボードバッグの印象が与える、スポーティーでハードなテイストを、タウンユースに映える生地を選択することで、普段使いがしやすいよう配慮しました。 トレンドのポイントをおさえつつ、スケートボードを楽しむにあたり必要な機能を取り入れた、全てのスケーターに提案するバックパックです。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149089-O11-O142ZtVp

<スケートボード サコッシュバッグ DSA-16>
 従来のスケートボード用バッグは、スケートボードをバッグの中に収納するものが一般的でした。 「スケートボード サコッシュバッグ」は、今年ファッションアイテムとして流行しているサコッシュバッグのサイズ感や薄さ・軽さなどの特長にヒントを得、バッグに入れるのではなくボードを包み込むスタイルをデザインに採用。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149089-O15-Gec3Ptxq

 スケートボードに取っ手を付け加えるシンプルな構造により、バッグ自体が最小限の構成となるため、スケーティング時でも邪魔になりません。 持ち運びが煩わしいスケートボードを容易に、かつファッショナブルに運搬できます。 バックル部分のベルトは長さの調整が可能なため、ミニクルーザーからショートスケートボードまで適用します。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149089-O27-0kpFO9m6

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DUB STACK(ダブスタック)

【製品名】スケートボード バックパック
【型番:カラー】DSA-15:チャコール
【サイズ/重量】W300×D150×H500-700mm/1kg
【容量】20-30L
【材質】ポリエステル、PVC、プラスチック
【希望小売価格】6,000円(税別)
【URL】http://www.dubstack.jp/product/dsa15/

【製品名】スケートボード バックパック
【型番:カラー】DSA-16:チャコール
【サイズ/重量】W280×D10×H210mm(グリップ含まず)/290g
【材質】ポリエステル
【希望小売価格】3,200円(税別)
【URL】http://www.dubstack.jp/product/dsa16/

流行のファッションを取り入れた、スケートボードを楽に持ち運べるバックパックとサコッシュバッグを発売。
【全容画像-1】スケートボードバックパックの前面。ボードはもちろん、小物もしっかり収納できます。
ロールトップ中央の固定ベルトは、荷物の容量に応じて固定位置の微調整が可能。
スケートボードの大きさによってはロールアップで容量を増やし、内部にも収納することができます。
バッグの前面上下2箇所にスケートボードの固定が可能な大型ベルトを配置しています。
【全容画像-2】スケートボードバックパックの背面。ショルダーの肩ずれを防止するチェストストラップ付き。
スケートシーンにフォーカスした機能と都会的なルックスを兼ね備えた「スケートボードバックパック」。
ノートPCの収納庫付き、5mm厚の肉厚クッションで外部からの衝撃を和らげます。
スケートボードの上部固定ベルトの両端に、ヘルメット専用フックを配置しています。
トラックブッシュやベアリングを調整するTツールなどの収納に便利な、バッグ前面のフラップ付きポケット。
スケートボード本体だけでなく、持ち運ぶバッグにもこだわりたい人のための逸品です。
高い強度を誇るキャンバステイストの生地を採用し、普段使いも出来るように配慮しています。
【全容画像-3】ボードを包み込むスタイルの「スケートボード サコッシュバッグ」。
【スタイル-1】ハンドグリップを握り、手持ちでも運搬できます。
【スタイル-2】ハンドベルトに手を通しクラッチバッグのように持ち運べます。
【スタイル-3】付属のショルダーベルトを接続して、肩掛けでも持ち歩けます。
バックル部分のベルトは、収納するスケートボードに応じて長さ調整が可能です。
【収納画像-1】ミニクルーザー。
【収納画像-2】クルージングボード。
【収納画像-3】ショートスケートボード。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ