プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

小規模企業の多様な働き方を支援するシンプルなフルカラー複合機「DocuCentre C2000」発売

2017年12月18日

富士ゼロックス株式会社

小規模企業の多様な働き方を支援するシンプルなフルカラー複合機「DocuCentre C2000」発売

直観的な操作性や基本機能の充実により業務を効率化
クラウドやモバイル端末との連携も提供

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:栗原 博)は、直観的なユーザーインターフェイスを施した操作パネルを搭載し、モバイル端末やクラウドサービスとの連携を低価格で実現する、小規模企業向けのシンプルなフルカラー複合機「DocuCentre C2000」を、2018年1月15日より日本で発売します。

中小規模企業は日本企業数の99.7%を占め、雇用全体の約7割を生み出し、イノベーションの担い手として重要な経済主体となっていますが注1、人材確保は厳しい状況が続くことが見込まれ、「生産性向上」や「働き方改革」といった課題に直面しています。

DocuCentre C2000は、そのような課題に対し、「直観的でシンプルな操作」「モバイル・クラウド連携」「画質の高さ」「基本機能の充実」を通じ、多様な働き方を通じた業務効率化を支えるA3フルカラー複合機のエントリーモデルです。

分かりやすいアイコンで表示するシンプルな操作パネルを当社のA3複合機ラインナップで初めて搭載し、直観的な操作が可能となり、お客様の業務効率化を支援します。さらに、複合機とクラウドサービスをつなげる「Cloud Service Hub」注2を通じて、当社の小規模オフィス向けの複合機では初めて複数のクラウドサービス注3との連携が可能になった他、モバイル端末への対応により、オフィスの外からの業務の幅を拡げ、お客様の柔軟で多様な働き方を支援します。

直感的な操作感
操作パネルは、わかりやすい表示アイコンと配色を施すことにより、直観的なユーザーインターフェイスを実現しました。また、よく使う機能や設定を記憶しアプリとしてアイコン化する機能を搭載しました。これにより複数の設定作業を次回以降省略し、スムーズに必要な業務を行えます。

モバイル・クラウドサービスに対応
無線LANキット注4を使用することにより、iOS端末およびAndroid™端末から直接プリントすることが可能です。また、NFC注5機能搭載のAndroid™端末をDocuCentre C2000の操作パネルにあるNFCマークにかざすことで、プリントすることができます。
また、「Cloud Service Hub」の利用により、DocuCentre C2000でスキャンした文書をお使いのクラウドストレージに格納し、モバイル端末上でスキャン文書を確認したり、外出先や、本社と支店間で情報を共有したりすることが可能になります。

高画質出力を実現
画像処理カラーレジストレーション補正技術「IReCT®」(アイレクト)や、文字の縁取りを行うことで輪郭のガタツキを抑えるエッジエンハンス処理により、従来上位機種で提供していた1200×2400dpiの高精度な画像補正を実現しました。これにより色ずれの少ない高品質のプリント画像を提供します。

USBメモリーからの出力・スキャン格納に対応
USBメモリーキット注4を装着することで、PCを経由することなくUSBメモリーにスキャンした文書を格納したり、USBに格納したデータをプリントしたりすることが可能です。PCを利用できない環境でも業務の効率化を支援します。

さまざまなスキャン方法に対応
お客様の利用環境や使い方にあわせて、スキャンデータをネットワーク経由でPCやサーバーに保存することができるネットワークスキャン(SMB/FTP 注6)に加え、メールに添付して送信することや、スキャンデータを当商品が接続されているコンピューターに送信するWSD注7スキャンといった、さまざまなスキャン機能に対応しています。文書をその場ですぐに送ることができるので、文書の保管および共有の効率化を支援します。

セキュリティ文書の扱いも可能
PCからのプリント文書やファクス受信文書をDocuCentre C2000に印刷ジョブとして蓄積し、出力時に入力が必要な暗証番号を付与することで、機密文書の保護や放置プリントを防止します。

注1 中小企業庁調査室「2017年版中小企業白書」調べ
注2 クラウドサービスとの連携には別途「Cloud Service Hub」の契約が必要です。
注3 Box®, Dropbox®, Evernote®, Google Drive™, OneDrive®, SharePoint® Online、富士ゼロックス Working Folder
注4「無線LANキット」および「USBメモリーキット」は、オプション商品です。
注5 NFC(Near Field Communication)、近距離無線通信
注6 Server Message Block、File Transfer Protocol
注7 Web Services on Device

【標準価格】
商品名 標準価格(税別)
DocuCentre C2000 CPS-1T 735,000円
DocuCentre C2000 CPFS-1T 795,000円
DocuCentre C2000 CPS-2T 825,000円
DocuCentre C2000 CPFS-2T 885,000円
DocuCentre C2000 CPS-2TS 795,000円
DocuCentre C2000 CPFS-2TS 855,000円

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
・iPad、iPhone、iPod touch、AirPrintはApple Inc.の商標です。
・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
・Androidは、Google Inc.の商標です。
・「Evernote」は、米国Evernote社の商標または登録商標です。
・Google Driveは Google Inc. の商標です。
・Dropboxは米国Dropbox, Inc.の商標または登録商標です。
・OneDrive and SharePointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Boxは米国Box, Inc.の商標または登録商標です。
・プレスリリースに掲載されているサービス、商品名等は各社の登録商標または商標です。

DocuCentre C2000 CPS-2T/DocuCentre C2000 CPFS-2T
DocuCentre C2000 CPS-1T/DocuCentre C2000 CPFS-1T
DocuCentre C2000 CPS-2TS/DocuCentre C2000 CPFS-2TS
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ