プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

菊水化学工業株式会社

メーカーが提案する外壁塗替えパッケージプラン

2017年12月18日

菊水化学工業

下地から仕上げまでの総合塗料メーカーをめざしている
菊水化学工業株式会社( 代表取締役社長 山口 均  本社:名古屋市)は
20数年前に提案しました改修システム「キクスイ改修パッケージプラン」
(外壁用)を現代にマッチする内容で復刻いたしました。

建物の外壁の塗替市場に於いては、仕上塗料の種類(アクリル・ウレタン・シリコン・
ふっ素等)を選択する事が主となっています。
塗装によるリフォーム業界全体の傾向として、知識と見識の不足により既存の
劣化状況に応じて選択する下地処理や下地調整に対して少々無頓着になっている事が多く、微弾性フィラーと呼ばれる下地調整塗材だけで下地の処置が行われている事が多いのが現状です。

本来は、専門知識のない施主に対して、請負業者の選択した作業内容が、既存の
劣化状態に適した下地から仕上げまでの作業工程である事が説明され共有した
うえで、適正な価格で塗替え工事が行われる事が望ましいと考えています。

その様な中で、戸建て住宅の塗替え工事に於いては、モルタル下地が減少しサイディング下地が増加、集合住宅やその他建物の塗替え工事に於いては、仕上塗材下地が減少し、磁器タイル下地が増加しています。塗替え工事は、今後ますます多種多様な下地が対象になり、美観と期待耐用年数だけで価格、製品、施工仕様が選択されて
いくと想定します。

塗料の製造メーカーである弊社は、職人不足や製造メーカー・塗料販売店・施工業者間での情報の形骸化を課題として「下地から仕上げまで」に拘り、現代にマッチする、多種多様な下地の劣化や変化に対応した適切な処置方法を提供していく事を使命と捉えて、20数年前に弊社が提案した改修システム「キクスイ改修パッケージプラン(外壁用)」を復刻させ、広く訴求を図っていく事に至りました。

「キクスイ改修パッケージプラン」の特徴や詳細につきましては下記の弊社
 HP及び最寄りの営業所へお問い合わせください。
http://www.kikusui-chem.co.jp/special/rc/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ