プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ブリヂストン

【ブリヂストン】東京医科歯科大学 川嶋健嗣教授と歩行トレーニング装置開発をスタート

2017年12月14日

株式会社ブリヂストン

【ブリヂストン】東京医科歯科大学 川嶋健嗣教授と共同で、シニアの健康増進に貢献する歩行トレーニング装置の開発をスタート

株式会社ブリヂストンは、東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 川嶋健嗣教授と共同で、シニアの健康増進に貢献する歩行トレーニング装置の開発を開始しました。この装置は、体に装着した空気圧式ゴム人工筋肉で歩行動作をアシストまたは負荷を与えるもので、シニアの健康増進を目的とした体力向上トレーニングに活用することを想定しています。既に試作機が完成しており2018年には、実用化に向けた実証試験を開始する予定です。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149056-O1-ynkb449N

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712149056-O2-xjs1Bk57

今回開発する装置は、ブリヂストンが開発している空気圧式ゴム人工筋肉と東京医科歯科大学 川嶋教授が開発しているシステム制御技術から成り、ユーザーの体に装着した人工筋肉で歩行動作をアシストする、あるいは負荷を与える内骨格型(※) のトレーニング装置です。
この空気圧式ゴム人工筋肉は、マッキベン型と呼ばれるタイプの人工筋肉で、ゴムチューブとその周りの繊維を筒状に組み上げた補強層から構成されます。ゴムチューブの中の空気を加減圧することにより伸縮し、ヒトの筋肉のような動きができます。今回開発した空気圧式ゴム人工筋肉は、当社がタイヤやホース開発で培ってきたゴムや補強繊維の技術を応用したものです。モーターなどの駆動装置と比べて軽く、柔軟であるため、この人工筋肉を用いることで、ユーザーの体への負担が小さいトレーニング装置をつくることが可能となります。
この歩行トレーニング装置を、シニアの健康増進のためのトレーニングに活用することを目指し、2018年には実用化に向けた実証試験を開始する予定です。

ブリヂストングループは、タイヤをはじめとしたゴム製品、スポーツ、自転車など、これまで様々な分野で培ってきた技術力と事業ノウハウを活かして、一人ひとりの“Active and Healthy Lifestyle”の実現に貢献していきます。

※ 高剛性のフレーム(骨格)を有するものを「外骨格型」、骨格を有していないものを「内骨格型」と呼びます。

歩行トレーニング装置
空気圧式ゴム人工筋肉
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ