プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アマノ ビジネスソリューションズ株式会社

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」から勤怠クラウドサービス「CLOUZA」へ

2017年12月13日

アマノビジネスソリューションズ株式会社

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」から勤怠クラウドサービス「CLOUZA」へ

アマノグループでクラウドサービス事業を行うアマノビジネスソリューションズ株式会社(以下ABS。神奈川県横浜市、代表取締役 堀本 信行)が提供する勤怠クラウドサービス「CLOUZA」と、株式会社SmartHR(以下SmartHR。東京都渋谷区、代表取締役 宮田 昇始)が提供するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」は、ワンクリックで従業員情報の同期を可能にするAPI連携を開始しました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712128974-O1-eRDy4W2x

◼ 連携概要
今回のAPI連携により、「SmartHR」上から「CLOUZA」へワンクリックで従業員情報の同期が可能になります。これにより、新しく従業員が入社した場合に、それぞれのシステムに従業員情報を入力することなく、シームレスかつセキュアに情報を登録することができ、効率的に労務管理の運用を開始することが可能になります。

◼ 連携の背景
企業の人事労務担当者は日々、採用や組織づくり、労務管理など、多岐にわたる業務に追われています。
とりわけ労務管理においては、煩雑なデータや書類、役所への届出、難解な労務知識を要するため、時間コストを奪われます。
「SmartHR」と「CLOUZA」は、従来ぞれぞれのシステムに入力する必要があった従業員情報の入力を、「SmartHR」に入力すればワンクリックで「CLOUZA」に取り込むことができ、人事労務担当者が行う、従業員情報の二重入力の不便さを解消します。
また、「SmartHR」への従業員情報入力は入社する従業員本人にしてもらうことができるので、人事労務担当者の情報入力業務を大幅に効率化することができます。

◼ 今後の展開
労働人口が減少し、働き方改革の課題に直面している企業が成長するために、人事労務に求められる役割と重要性は急激に拡大しています。
一方で、働き方は多様化し、人材の流動性が高まって、人事労務の負担は増大し、労務手続きや労務管理における業務効率化は避けて通れません。
そんな中、「HRテクノロジー」の注目度が高まっています。両社は今後も、ABSが持つ勤怠や人事給与領域の知見と、SmartHRが強みとする直感的な操作性を融合させ、さらなる人事労務業務の効率化を目指し、協力してまいります。

◼ 会社概要
社   名 アマノビジネスソリューションズ株式会社
所在地 神奈川県横浜市港北区菊名7-3-24 アマノギャラクシービル
代表取締役社長   堀本 信行
設   立   2000年4月13日
資本金 3億円
企業URL https://www.i-abs.co.jp
事業内容
1. 就業・勤怠管理/人事管理/給与計算クラウドサービス
2. 給与計算アウトソーシングサービス
3. 時刻配信・監査サービス
4. 時刻認証(タイムスタンプ)サービス
5. その他関連商品の企画・開発・販促・保守など

・勤怠管理クラウドサービス「CLOUZA」とは ( https://clouza.jp/
エントリー方式はアマノ製タイムレコーダー(TimeP@CK)、スマホ、タブレット、パソコンをご利用いただけます。さらに勤怠データの集計、給与ソフトとの連携が行える勤怠管理サービスです。また、かんたん設定ナビに従って設定していくだけなので、誰でも直感的に設定・操作が行えます。外出先や事業場外、派遣先など様々な場所でご利用いただくことができ、業務効率改善に貢献します。

◼ 会社概要
社   名  株式会社SmartHR
所在地  東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿OMビル2F
代表取締役 宮田 昇始
設   立  2013年1月23日
資本金  5億7,626円(資本準備金含む)
企業URL https://smarthr.co.jp/

・クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について ( https://smarthr.jp/
「SmartHR」は、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド人事労務ソフトです。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成し、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請も可能です。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能にも対応しており、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。
社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド労務管理ソフト シェアNo.1 (※2017年1月 シード・プランニング社調べ)

◼ プレスキット
掲載画像よりも高解像度の写真・画像をお求めの場合、下記よりダウンロードしてご活用ください。
https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1q7AkW8-NHTp7CjReJvRb1FkRy2k17Bpn

ABS_SH API連携
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ