プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

電通グループ、Kaizen Platformと資本業務提携

2017年12月13日

株式会社電通デジタル
株式会社電通

電通グループ、Kaizen Platformと資本業務提携

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋)と株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)は、ウェブサービスのUI改善を効率的に実現する「Kaizen Platform」を運営する株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下「Kaizen Platform」)と新たに業務提携契約を締結いたしました。同時に、株式会社電通イノベーションパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役:大久保 克彦)が運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合」(電通デジタル・ファンド)を通じて、Kaizen Platformに出資することで合意しました。
 
電通デジタルと電通は、2017年6月に、広告パフォーマンスの最適化と広告効果の透明性の確保に向けた取り組みを加速させるためにKaizen Platformと業務提携し、同社が認定する動画広告クリエーターの活用などを行ってきた経緯があります。また、Facebook動画広告のクリエーティブ制作と運用を簡単・安価・スピーディーに改善して広告のパフォーマンスを最大化するソリューション「P動CA」(ピー・ドウ・シー・エー 英語名:Quick Video)を両社で共同開発しており、そのさらなる発展に向け新たに資本業務提携するにいたりました。

これにより、電通グループは独自のデジタルクリエーティブ制作や運用体制の強化・拡充を図っていくとともに、クリエーティブ・パフォーマンスの向上に向けて、Kaizen Platformとの共同でデータ分析やノウハウ蓄積、ツール開発、グロースハッカーをはじめとするクリエーティブ人材ネットワークの拡大を進めてまいります。

<Kaizen Platform社について>
会 社 名:株式会社Kaizen Platform
U  R  L:http://kaizenplatform.com/ja/
代 表 者:代表取締役 須藤憲司
所 在 地:〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10F
設  立:2017年4月
(2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform,Inc. から事業譲渡)
事業内容:WebサービスやモバイルのUI改善をするA/Bテストサービスと、改善提案を依頼できるグロースハッカーネットワークから成る「Kaizen Platform」ならびに広告動画改善の「Kaizen Ad」を開発し提供

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ